« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年7月16日 (木)

表に現すと

今日も劇団で会議
諸々 嗚呼

人がどう思っているかはさておき
「表現」をしているものの端くれであるという自負はある
「表現者」なるええかっこで言わんでも
ようは自分の感じていること
考えていることを外に出したい人ということ
なんやろう
実は密かに思ってましたのよ・・・では
表現者然としないなと感じ
表現の自由があるという法律のもと
書いてみる

強行採決はないと思う
単純にだよ
反対の声がこれだけ取り上げられ
違う、嫌だという意見が世の中にあることは周知で
強行採決することの意味が問われる
この法案を決定させなければならないという大前提で進めているから
どうやってもこのままいこうとしているとしか受け取れないよ

誰のための法律か
誰のための国なのか

「国民の理解は進んでいないが、決めるのは委員会」
なんじゃそりゃだわ
「国民の理解が進んでいない」と自覚している内容をなぜ進めようとするのか
自分がおかしいことしてるって感じないのかな

自分のクラスで問題がおこれば
小学生でももっときちんとホームルームするよ

自分の話
最近身近で、え、なんで、はぁ??と思うことがあって
わたしに直接かかわることなのに、
実はそれによってとてもとても困ったことになるのに
人伝えに知って、実に哀しく、
ちょっとしんどくて苦しくて今もちっと悩んでるんだけど

人が人に対して
「はぁ?なんでなん?」て相手に思わせることをしてはならんと思う
「それ嫌です」「それ困ります」と思わせることをしたなら
自分の今していることがおかしくないか
本当に心から振り返らねばならんと思う

それは国がとか
そういう大きな問題と関係ないかと思いきや

個人として
一人の人間として一人一人が
人も
いやきっと動物も自分の対峙するもの・相手すべてに
「どうしてなんですか??おかしくないですか?」
と思わせることをするなら
ちゃんと相手が納得できる相応な理由が、説明が要るのだよ

それが人としての道理だよ
それが果たせないならやっちゃいけんのですよ

ああ
夜中のテンションだわー
劇団員のみんな
ごめんね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

何を残すのか

さようなら6
さようなら2015年の前半たち
さようなら子供たち ルイマル

テルです

 

一昨日まで 30GPという 30×30 season 2の決勝グランプリトーナメントをやってまして、そのスタッフでお手伝いをしていました

 

30×30には50劇団くらい(やったかな?)が参加していて

お客様投票とスタッフ推薦で選ばれた8団体のみで戦い、そのてっぺんを見てくださったお客様の投票で決めましょうというイベントでした

 

誰もが思うように、お芝居に勝敗をつけることにはあまり意味はなく

そもそもつけれるようなものではないと思うのですが、

あえて、それを観客投票でやってみよう、そして優勝者には賞金が出るよという実は関西小劇場の中ではあまりない試みのイベントでした

選ばれても辞退することは出来るのですが、参加した8劇団は果敢にもそれに挑みそして、闘ったのです

 

ミクロも、30×30に出演したのですが、ベスト8には選ばれませんでした。もし、選んでもらっていたら、怖いけどきっと出てたと思います

ミクロは出てませんが、泥谷が選出された劇団のひとつ、ステタイさんに客演で呼んで頂き、出演しておりました。ステタイさんの作品で泥谷も全力でがんばっておったのですが、準決勝で敗れました。そしてそのステタイさんを破ったフルーツケイクさんが優勝されました。おめでとうございます!

 

4日間、8劇団全部の作品と、戦いっぷりを観てきたのですが

どの劇団さんもこの対戦に掛ける想いは強く、熱く、真剣でした

素晴らしい作品たちでした

 

たくさんの団体さんの作品を観て感じたのは

やはり劇団(団体)のカラー、色、特性、そこが持つ「持ち味」みたいなのが、それぞれ凄く違ってて、でもそれがとても大事なことで

それをお客様は感じたいところもあって、それが得られれば満足度が高まったりしてるんですな

その団体の持つ「味」、その劇団の魅力というものを劇団が自覚していて最大限出せているということが、ひとつ、このような形式のイベントでは大事なんだなと思った

 

そしてあと一個、30分の中に「笑い」ってすごい大事な要素

物語の展開の面白さや演出の妙より、

笑えるかどうかが、満足度を高めるのだ。

笑い、大事。

そして、あたし、笑い。書けない・・・ガシャコーン!

 

そして私が個人的に思ったことは

この30GPというイベントに関わらず、たくさんの劇団のたくさんの作品を一気に観たので余計に思ったのかもしれないけど

この作品をつくって、観客に何を届けたいのかやっぱりきちんと伝わるものが、個人的には好きだなぁと

もちろんどの作品にも間違いなく、それは、あるんだと思うんだけど

その想いの深さに触れた時、やっぱり演劇の持つ力を感じる

またその劇団を観たくなるんだなぁと

 

昨日、Mayさんの「零度の掌」という作品を観て、もう心がぐわんぐわんとなって、Mayさんのは2時間超えの作品なんで30分でつくるものとは、そりゃ全然違うんだけどね
でも。嗚呼・・ああっ・・・ってなった訳です

観終わった人に何を残すのか。渡すのか。

大切に大切にしたい私が思う原点。

P1050737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »