« 明日tricoloreのライブ Re:home vol.9 ! 「ましろの未来を振り返って」があるんだって | トップページ | 何を残すのか② »

2015年3月10日 (火)

何を残すのか①

作品を二つ観ました

先週末は、本当にたくさんの芝居が上演されててどれも観たいなと思うようなものばかりやったんですが、調整きかず・・
スケジュールの調整が出来そうな早い時期から
ご案内をくださった方の作品だけなんとか観劇。
清流劇場「FATZER」
実は私、自称「イスラム国」による日本人殺害の事件があった時、もの凄いしんどくて、なぜおまえがそんな凹むねんって人につっこまれるくらい凹んでまいました。
無力感というかなんか湧いてくるいろんな心の動きと、自分の住んでいる国の姿勢というか在り方というか、頭で考えようとしていることがなんか、上手くバランスがとれず、なぜか朝起きたら、憂鬱で憂鬱で世界が霞んで見えるような気分やった。
いろんな方の力を勝手に借りた気になって
やっと浮上してきてたんだけど・・・
「FATZER」この作品をつくった田中さんは、そして役者とスタッフは、闘っているのだと感じた。ドイツでも上演記録の少ない、ブレヒトのメモとか断片だけの「フィッツァー」をこの役者陣で、今このタイミングで挑む。
劇中、突き刺さる台詞がたくさんありますが、
劇中に歌われた歌に
「俺たちは目の前の敵とは戦わない。本当の敵は、俺たちをここへ寄こしたヤツらだから」
という歌詞がある。これだけで作品への想い、挑んでいるという姿勢がもう十分うかがえる。
この作品を見た者に残したいもの、持って帰ってほしいものがあるのだ。
強い、とても強いものが。
「これからずっと、お前らの世界に勝者はいない。存在するのはただ、敗者だけだ」
こんなに中途半端が一切ない芝居は久しぶりでした。
震えました。

|

« 明日tricoloreのライブ Re:home vol.9 ! 「ましろの未来を振り返って」があるんだって | トップページ | 何を残すのか② »

コメント

シマッタ… 『ファッツァー』この前でしたか… こりっちに表示してなかったから見逃したかも… チラシを見てる余裕がなくて… 京都の地点ていう劇団の『ファッツァー』を観たので見比べたかったのですが… 石井さんのブログで楽しみます。

投稿: ワンダー三日月リバー | 2015年3月10日 (火) 03時21分

清流劇場のよかったです。
役者がみんなベテランな上に味のある方ばかりで。
このテーマに全員が真摯に向きあい、
私たち届けたい・・そんな想いを感じる作品でした。

投稿: テル | 2015年3月20日 (金) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/59209261

この記事へのトラックバック一覧です: 何を残すのか①:

« 明日tricoloreのライブ Re:home vol.9 ! 「ましろの未来を振り返って」があるんだって | トップページ | 何を残すのか② »