« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月25日 (水)

美しい

こんばんは
季節と気温が察知できません
毎朝が戸惑いの朝です
テルです
昨日読み終えた本の作品紹介に
奇跡的な美しさで紡ぎだす・・・って書かれていて
よく帯とかにもそんなようなことが書いてあったりして
確かに読んだ本の中にはたくさん
嗚呼きれいな文体だなと感じるものはたくさんあって
逆に
おおー、攻めてるなぁとか
もの凄、ぶっきらぼう(この表現がいいのかどうかわからんけど)に
書いてはるなぁと感じたり
書き方みたいなのはいろいろなんだけど
きのう読んだ本は
文章、文体が美しいというより
描いているシーンが、単純に言うととても残虐なものなのに
なぜか美しい絵が想像できたのは確かで
嗚呼、そういうことなのかと
あまりいつも信用しないけど
裏表紙の文面を然りと思った次第
美しいものを描くには
美しい絵が必要なわけではなく
当たり前なんだけど
そこにある心の美しさが読み取れて
はじめて美しいねんなと
改めて感じる

でも
この残虐シーンを美しく感じさせるということは
やはり凄いことなのな
日々勉強。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

暗闇

evkk 観劇

暗闇があった
入ると
手渡される小さな灯りひとつ
上演前 「スイッチを切ってください」
とは言わず
「手で覆って光を隠してあげてください
みんなで暗闇を作りましょう」
と言われる
 
そして
「上演中、長い暗転があります
暗闇に飽きたら灯りをつけて頂いて結構です」
と言われる
始まる前から
あ なんだろ これ と思う
私は真っ暗闇のなかにいてもいいし
光がほしくなったら灯してもいいだと
言ってくれる
この圧倒的安心感はなんだろと思う
暗闇の中から聞こえる役者の声は
ヒリヒリしていて
そっと包んでくれるような温かさも孕んでいた
容器に溜まった水をかく音は
遠い遠い波の音になる
不思議だった
そして
こんなに痛くも
なぜか柔らかいものたちが残ってるんだな

Ts3y2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

見送る

今日
お世話になった先生を見送ってきた

昨日
知らせを聞いて
もう会えないと思っていたけれど
仕事が早く終えれて
駆けつけたら間に合った

棺の中の先生の顔は
少しだけ笑っているようで
とてもきれいだった
だけど
眼を開いて
ものを言う先生に
もう一度会いたかった
心から平和を愛する人だった
音楽が好きで
文化活動に関わる人間を全力で応援してくれた
文化の根を絶やしてはいけないと
戦争になったら文化なんて無いものにされると
先生は言った
こんな素晴らしい音楽を聴けなくなるんだと言った
先生
もう一度会いたかった
先生
日本は
世界は
先生が望んだ方向に向かえてるのかな
先生
もう一度会いたかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

2月になっていた

今日ちょっとだけあったかい?

と思ったけど・・・
騙されるな!
混ぜるな危険!
テルです
明日まためっちゃ寒いみたいです
あったかくしていこう
1月までは、本番やら予定が多かった
多すぎた。
反動でか
終わってからインプットのみの日々
気が付いたら
2月入ってもう10日以上経ってるし
早いなぁ
びっくりする
もう毎回書けないので
まとめて自分の覚書のため書いとこ
1月観た映画で面白かった3本

Ts3y1984

「天才スピヴェット」
実はましろ~書けてないのに、どうしても気分転換したくて元旦に観に行ったっていう。
ましろの皆ごめん・・・。
この子の芝居が素晴らしかった。そしてヘレナ・ボナム=カーターはやはりいい。

Ts3y1999_2

大人気「ゴーン・ガール」ね。
ストーリーより芝居に惹かれた。凄いと思ったわ。

Ts3y1997

「百円の恋」
全編ほぼ暗い画。リアル。綺麗な絵が好きな人には全くお勧めできませんが、安藤サクラよかった。映画館行く時に聴いてたミュージシャンの曲がエンドロールでかかるっていう奇跡ね。
やってる映画もいいけど
今年は自分が好きな映画を必ず毎月何か観直すことにしようと思う。
自分は何が好きなんか改めて思い知るというか
なんでそれが好きと思ったのか自分の確認かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

世界が霞んで見える日には

ごきげんよう

猫と私でどっちが炬燵で丸いか
目下真剣勝負中

テルです

いろんなことが世界で起こっていて
それは余所ごとなどではまるでなくて
私たちが住むこの国とその将来にかかわるような
重大なことで
その答えというか
結果というか
進んでいる道がどうしても
私にとっては明るく感じられない出来事が
続いていて

なんだか
朝起きても世界が霞んで見えるような気がしてて
ちょっとだけ
勝手に凹んでいた毎日やった
でも
そんな中
「次つくる作品、希望に溢れてんねん。観たらええよ」って言ってくれる人がいて
凄くその「希望」が観たくなって
「一緒に身体動かそうー!」と言ってくれる人がいて
心ある人たちと一緒に汗かいたら、なんか身体の悪いもんが出ていったような気がして

「なぁ作品つくろうぜー」と言ってくれる人がいて
そうか。もの作っていいんだと思って、ありがたくて。
そんなでちょっとだけ
霞んでいた朝が青くなってきた
と思う
せっかくこの前「青」になりたがってる人の話をつくったので
自分も青を
快晴の浅葱色の青を
目指そうと思う
おやすみなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »