« 埋まった中から | トップページ | 今週末 »

2013年3月 3日 (日)

ずっと昔の

母親が「ちぎり絵」というのをやってて

ちぎり絵ってのは、いろんな色や柄の和紙をちぎったり、切ったりして、はりつけていって、1枚の絵にするやつなんですが、
和紙にもほんと色んな色や柄の種類があって。
おなじ色でも染まり具合から分厚さ、手触りまで違うんですが・・・
その「ちぎり絵」をするのに、うちには大量の和紙がある。
今日、そんな母が
「和紙の整理してたら、中からこんなん出てきた」
と綺麗な色の一枚に包まれてでてきたのがこれ。

Ts3y0734

小2の時のテストーーーーーっ!
に、20点のじゃなくて、よかったぜ・・・。はうあ(--〆)
なんじゃこれと思う。
こんなずっと昔の、よう置いてたなぁと。
しかもめっちゃ綺麗に包んであった。
たぶん、数少ない100点やったんで大事にしまってたんやろか。
恥ずかしかった。
でも同時にめちゃ嬉しかったりする。
なぜかもう1回、和紙に包む母と私。
私も子供が100点とったら綺麗に包んでおいといたろ。
と思う。

|

« 埋まった中から | トップページ | 今週末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/49822146

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと昔の:

« 埋まった中から | トップページ | 今週末 »