« THE FUTURE TIMES | トップページ | 走るのだよ »

2012年5月 1日 (火)

観劇感激

やぁやぁ。とうとう4月が終わってしまうね。びっくりだよ。

もっとゆっくり桜が見たかった。もっと移りゆく気温と風を受け止めたかった。もうすぐ春ですね~なんて唄ってみたかった。

知らん間に稽古で、もう既に真夏みたいに汗だくだぜ。

と、その前に実は先々週くらいから、凄いたくさん芝居観た。全部知り合い、関係者絡みなんやけど、もう芝居が毎週あり過ぎる。ひとつの芝居を観てじっくり感じたい考えたりしたい方なので、一日2~3本梯子とかで観てると、頭の回転のトロイ私は少々全部は消化しきれないようになりそうになるのだよ。

私がミクロで公演する週には、ぜひとも他の劇団さんがあまり公演がないことを強く希望します。て、無理かそんなん。

次、ミクロの公演、8月30日~9月2日です。

ひとまず宣伝しとく。

先週5本観ました。5本とも全然違う感じのもので凄く楽しめました。あみゅーずとらいあんぐるさんのリーディングで向田邦子が聞けたのは、とても幸せやった。彗星マジックさんは、ネコ・ザ・メタボが頑張ってまして、小永井コーキくんのヒーローが切なくてとても好きだった。そして、これだけは言及しておかねば!!武田操美(劇団鉛乃文檎)の約5年ぶりの芝居復帰公演。竹内銃一郎さんの演出作品。相当面白かった。というより、やはり、あみーは凄い人だと感じたる・・・。ShinomyさんのCommon Daysさんは、OMS戯曲賞にノミネートされた作品。人の温かさがじんわり染みる作品。うっしーの芝居がとてもいい。

今週。
Stone Ageさん。役者がみんな素晴らしいのです。お通夜の話なのに笑える笑える。でも最後には涙が溢れる。温かい作品でした。
そして、舞道ダンスシアター×超人予備校のダンスとお芝居が融合した作品。人が一生懸命な姿には心を打つものがある。ダンスをされている皆さんがとてもイキイキしていて、それだけでもう心打たれる。実はお芝居の話の最後にもやられる。
そして、ともによ。ともにょは毎回観て衝撃を受ける。前のアフリカ~もそうだったけど、今回もガツンと重たい5寸釘打ちこまれたようなそんな感じ。とても考えさせられる。痛いです。生々しいのです。けど、最後に私はいつも希望を感じる。鈍い、けれど明るい、明日への日差しを感じる。

私は、どれも観てよかったと思うのです。知り合いが出ているからとか贔屓目なしでも、どれも興味深く面白いです。やりたいこと、方向性、みんな全然違っていて、こんなことを伝えたいのかという着眼点に単純に感動したり、勿論物語そのものに感動したり、演出の面白さ、役者の魅力、全力であること、そのもの、それらは観ているだけでも、劇場という場で、それを感じるだけでも、とてもとても楽しく素晴らしい時間だと思うのです。感激するよ。芝居って素晴らしい。単純に。

そして、私はひたすら、人の作品を観ると、自分ももっともっと頑張らねばと思うばかりです。

よし、稽古。そしてホンを書く。

|

« THE FUTURE TIMES | トップページ | 走るのだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/45087282

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇感激:

« THE FUTURE TIMES | トップページ | 走るのだよ »