« 協走組曲序章でした | トップページ | 梅は上を向いて咲く »

2012年3月14日 (水)

母と子

この前、北川晋平家(浅倉サキんとこ)へ行ってきた。

サキが2月に生んだ赤ちゃんと初めて会ったのですよ。ハネモノ本番の前の週に生まれてたんです。

まだ生まれて3週間くらいやった。この時期の赤ちゃんには未だ「表情」というものがないそうです。

でも・・・

Img_1028

な、泣いてるよ・・・。何かが苦しいのか、哀しいのか、気持ち悪いのか、何かなんだろな。

そして、わたしが面白い顔をすると・・・

Img_5574

ほえーっ!ていう顔になってるよ。これびっくりしてるんかな。喜んでるんかな。かなりガッツ石松に似てますね。

Img_2827

サキがだっこすると、とても落ち着きます。ああ・・・お母さんやって分かるんやろね。サキは、こうして見ると本当に母の顔をしています。生む前と全然違う顔してる・・・と私は勝手に思ってる・・・凄いことですよ。自分以外の「いのち」を身体の中で育み、そしてこの世界に産み出したのだから。

Img_6556 あかちゃん(さえちゃん)はとてもとても小さかった。この手の小ささ!私の指をぎゅって握ってくれた。一体何を考えてるんだろう。

Ts3y0007_sae

あまりにも可愛いので、わたしも抱っこさせてもらった。そっとそっと・・・。やはりとても小さかった・・・。なんでか、もの凄いほっこりする。

お母さんっていいなと思った。

Img_8476

あっという間におっきくなるんだろうな。そして私をテルおばちゃんとか呼ぶんやわーきっと。ま、呼ばせへんけどね。

また会いに行こう。

|

« 協走組曲序章でした | トップページ | 梅は上を向いて咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/44483538

この記事へのトラックバック一覧です: 母と子:

« 協走組曲序章でした | トップページ | 梅は上を向いて咲く »