« ワークショップやります! | トップページ | 春の嵐の前夜の空 »

2012年3月28日 (水)

Don’t think, feel.

Don’t think, feel.

ブルース・リーの「燃えよドラゴン」の台詞ですね。

そして私がお芝居を始めた頃に、芝居をする上で大切だよと教わったことのひとつです。

今日はそのテーマでワークショップをしてきました。「講座」という形で人に教えるのが久し振りだったので緊張したわ。こんなんよう毎週してたなぁと思い出しながら・・・。ずっと先生やってる皆って凄いよね。

「感じる」という行為を意識してやってみると、実は忘れていたりすることを改めて思い出したり、ほんと、見えていなかったものが見えてきたり、なるほど、聴こえてないと思っていたものもちゃんと鳴っているとわかったり・・。

たくさんの「発見」があります。

簡単にスルーしていた「感覚」が実感できると、実はそこに生まれる「感情」があることを。

お芝居に必要であることは勿論だと思うんだけど、「感覚」という大義で言えば、本当は「五感」だけではなく、今自分の周りで起こっていること、地球上で起こっているあらゆる出来事。これをまず自分がどう感じるのか、ってことを、私はこれから、もっと深く感じていかなあかんなと思ったのです。出来事とか社会とか世界への「感覚」。

感じて、感情が湧くから、思考するのだということ。だから行動するのだよと。

「りんごを食べる」
という芝居は出来そうだ。なぜなら、私はりんごを知っている。どんな色で、どんな味で、どんな風に皮を剥くのか、知っている。

でも

「瓦礫を拾う」
という芝居は出来ない。きっと。私は何も知らないからだ。

芝居をする時にもうひとつ教えてもらったこと。

「知ることに努力しなさい。」

今日WSしながら、そのことも実はずっとどこかに感じていた私なのでした。

|

« ワークショップやります! | トップページ | 春の嵐の前夜の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/44659497

この記事へのトラックバック一覧です: Don’t think, feel.:

« ワークショップやります! | トップページ | 春の嵐の前夜の空 »