« 紅く染まる前に | トップページ | 拝啓 山田わか 様 »

2010年11月 8日 (月)

蒼天

神を殺すにはいい日だ。を観てきた。土橋さんの書く作品は、毎回わたしには難解で、全てを理解することはできないんだけど、なのに、もの凄い惹きこまれる。しかも圧倒的な強さで。

なんなんだろう。これは。と思う。前回の「無神論者~」では、わたし意味わからんのに最後泣いてたし。

役者がみんな個性的で上手いということもあるけれど、おかしくて切ない。だけでは済まないものがある。色んな台詞でぎゅうぅぅぅってなる。

横田さんがとてもよかった。そして緒方さんは神やった。なんで緒方さんが演じる役はあんなに愛おしいものになるんやろ。凄いなぁ。

|

« 紅く染まる前に | トップページ | 拝啓 山田わか 様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/37574680

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天:

« 紅く染まる前に | トップページ | 拝啓 山田わか 様 »