« くらくらの | トップページ | そこにあるヒビの日々 »

2010年9月 6日 (月)

伝えるということ

そこヒビの稽古。

今日は最後の通しをした。明日は前日なんで抜き稽古と調整になるかな。でも劇場で稽古できるのは嬉しい。いろいろ確認できる。

今日は火ゲキのプロデューサーであるダイゴさんが稽古場に来てくれた。ダイゴさんに帰り道、(私にしては、)めさいっぱい段取りがあるのー。実はそれも相当緊張して間違えへんかドキドキするー・・・て話したら、「がんばりなはれ、大丈夫です。きっと本番、失敗しますから!」と超笑顔で言ってくれました。相変わらずダイゴさんは優しい・・・。って、こらー!ダイゴー!!

で、最後の通しが終わってしまった・・・。

泣いても笑っても明後日の今頃はもう終わってるわけで。ものすごい緊張します。恐ろしいです。一人芝居。陽子さんとの二人芝居は陽子さんのお陰ということもあり、ものすごリラックスしてやれる。この安心感の違い!雲泥の差だぜ。

でもインターネットが最後の短編。ラストシーンにちゃんと繋げれるものにしなければ。ほんまにほんまに頑張らんな。

作品には、いろんなメディアが出てきます。人に何かを伝えるものです。TV、携帯、狼煙(えー!)、手紙、ラジオ、インターネット。どれも媒体でもって人に何かを伝えるもの。

でも芝居で発するのは声で。ヒトの声でしかなくて。

伝える方法はいっぱいあるけど、メールより電話。電話より会って話したいなと改めて想うのです。大切なことは。きっと本当に大切なことはそんなにたくさんは無いと思うのです。

明後日から本番です。1st 来てね。

ステージタイガーみんなで書いてるブログ
演出虎本ごぉ氏の日記

|

« くらくらの | トップページ | そこにあるヒビの日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/36563175

この記事へのトラックバック一覧です: 伝えるということ:

« くらくらの | トップページ | そこにあるヒビの日々 »