« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月30日 (金)

セカンドにいかんと

アツイよ。アツイよ。夏だからね。

今日はステージタイガーの公演「ボディ&ビルディング」の受付を手伝ってきたよ。初日の本日、お客様もいっぱいで会場の2ndはアッツアッツでした。

今日しか行けないんで本番見せてもらった。とてもアツくて、どアツクて、ストレートな作品です。いろいろ説明するより、観たら分かると思います。

筋肉です。肉体です。そして体温です。

役者が汗をぶっ飛ばす芝居は暑苦しさと共に強烈な爽快感がある。本当だからなのかなと。リアリティばかり追及する芝居は、うーんと思うんだけど、役者がリアルな状態で板の上に立っていることはとても大事だ。

「口では嘘はつけるけど、体は嘘をつけへん」という台詞があります。

ジーンとくる。

芝居です。芝居とはそういうものだと思います。セリフをちゃんと言うより大事なことがいっぱいある。もちろんちゃんと言わないと伝わらないんだけど、その奥にあるもの、その先にあるものをガツンと感じる芝居が私は好きだ。

みんなの写真をいっぱい撮ったのに、なぜかデータが全部とんでた。なんでやねん。泣きたいわ。

月曜日までやってるでよ。みんな2ndに行くべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建てる人

稽古してるよ。稽古してるよ。稽古だよー。

今日は中学生チームの稽古で終わってしまった。
はうあ・・・。
大人チームのみんなごめんよ。稽古の時間配分ができないボケ演出選手権で、入賞してきます。

稽古終わってから、明日挟み込みに行ってくれるえなちゃんに大量のフライヤー渡したあと、(えなちゃんありがとう)西本さんと打ち合わせ。スタッフさんとの打ち合わせはいつも24時間きらきらの黄色いMマークが目印さ。
西本さんは、私の住んでるとこの近くまでバイクでぶっ飛ばしてきてくれるような王子様のような舞台美術さんだ。しかも男前ときている。誰か欠点を探そう。うう・・・。ないのだよ。これまた。

西本さんは、いつも作品についてとてもたくさん質問してくれて、作品を理解してから何をどう建てるべきかを考えてくれる。当たり前のことなんだけど、その当たり前の真摯な姿勢にいつも感動する。もしかしたら私の台本があまりにも稚拙だから本当に理解できなくて質問が多いのだよという説もあるが、そこは触れずにそっとしておこう。

いろいろ思ってると、別の曲が浮かんでしまった。ちょっとだけ演奏しようと思う。この時間やけど陽平に連絡した。どうも起こしてしまったようだ。かわいそうに。大人になったらお酒を奢ってやろう。そう。陽平くんは未成年なのだよ。

で、写真を今日も撮り忘れた。ていうか稽古中は撮れなーい。

Cimg5310
仕方ないんで私のパソコン周り。ちなにみ、これをつくった人は、福谷孝宏氏。今は東京におるでよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

恥じらうのだ

天神祭でしたね。

浴衣を着て出かけました。花火がきれい過ぎてボーッとなっていると、綿菓子がほっぺたにつきました。お前はどんくさいのぉーと言われながら、とってもらいました。

という夢を見ました。テルです。

もちろん稽古には花の火は飛び散らず、飛び散らかしていたのは汗だけでした。絶賛稽古中です。

今日はいろんなシーンの稽古をしました。私はこの物語でとても大事な要素のひとつとして

「ピュアソウル」

を欠いてはいけないと思っていて。というかピュアソウルなしには成立しない話かなと。純真であるからこその残酷さとか弱さとか愚かさとか、そして、健気さとか優しさとか、大切なことがピュアの中にはいっぱい詰まってる。それをきちんと引き出して描けたらなあと思うのです。

その中に「恥ずかしい」とう感情があって。日ごろから自分が恥じらうことを忘れてしまっている、もう恥じらえなくなってしまっていることがいっぱいあることに気が付きます。

「恥じらう」ことは大事だ。単純なドキドキの恥じらうこともそうだけど、今、これができていないことを恥と思うという感情もそうだし、恥を忍んででもお願いしたいとか訴えたいとかあるとか。なんかそんな「恥」も。

Cimg5305

満月・・だったんだろうか。帰りの電車、席が空いてたんで座ってしまった。座るとダメだ。3秒で寝てしまった。乗り過ごした。降りる駅で扉が閉まる瞬間に、起きて慌てて立ち上がったけど間に合わなかった。目の前で閉まる扉。恥ずかしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

奏でる人たち

暑いですな。今日も朝起きて5秒後くらいに世界は真っ白になりました。よし真っ黒でなくてよかったぜ。

あまりに暑いので、溶けますね。このままでは妖怪になりそうです。

稽古しています。今日は芝居の方でなくて、音の方です。いいもんをつくりたいーという気持は役者もプレイヤーも同じで、今日も、いい曲になるよう、メンバーみんなでいろんなこと試したり、意見だしあったりで、どんどこ稽古しました。

Photo_2
サキが稽古覗きに来てくれた。フライヤーどっさり持ってかえってくれる。挟み込み行ってくれたり。「スカイフィッシュ・ワルツ」。役者とプレイヤー、かかわってくれている全員で飛べたらいいなと思う。高速で。高く。

Cimg5302
新メンバー加わりました。こいつ、バックコーラス朝倉ザクです。的な。(嘘)

Cimg5303
ボーカルは俺やー的な友くんは、ほんまは炎のドラマー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

火曜のゲキジョウの劇場

火曜のゲキジョウ観に行ってきました。

今回スカイフィッシュ~に全員で参加してくれるゲキバコ!のみんなと、長縄くんが出演している2VS2さんと両方観れるっていう、私的には劇的に楽しみな企画公演でした。

30分ずつの作品を2つ観れます。この企画そのものがとても面白い。楽しい。全然違う劇団が一回で楽しめる。2回ずつあるから、好きな回から見れるし!ダイゴさんあんたは偉い!劇場は、私が観終えたあとの2回り目の回からは満席になってましたよ。

そして、2つの作品観て・・・

2つとも、とてもとても面白かった!小学生みたいな感想ですみません。でもほんまにそれぞれの劇団のよいところが全面に出ていて、2劇団とも共通のテーマである「愛」がきちんと描けていて。何よりもとても笑えた。観終わった後、気持ちがいい。これが一番素晴らしい。今一緒に稽古しているみんなが、その合間を縫ってこちらのこの作品でこんなに頑張ってるのに、私ったら、私ったら・・と、別のとこでちょっと凹みました。もっともっと私がんばらなあかんわーって思った。

2曲目ができた・・・と思う。明日バンドのみんなと練習。うおうおー。

よう歌の歌詞にWOW WOW~って出てくるけど、振り仮名うったら、うおうお。やんな。

Cimg5263
2VS2の当日パンフ的な冊子がいつもハイセンス。全部読んでしまう。なんでこんな面白いんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

あつさ

稽古してます。
フライヤー作りました。曲1曲だけできました。演奏も練習しています。
歌詞つけます。ダンスもやります。週末からひじーが振りつけてくれます。全くすることが多いです。

なんでこんなにいっぱいするんでしょう。どれか1個くらい減らしたいです。でも今ん所削れません。何も。やりたいんでしょう。結局私。やりましょう。

私は何度も豪語してるんですが、とても夏が好きです。開放感とか突き抜けた青とか、暑いこと自体が好きです。

寒さに弱いからか、夏になると浮足立っている。うわー夏やわっって感じて。子供のころ、夏休みが終わる最終日にいつも泣いてた。宿題ができてないことで泣いてたんですが、きっと本当は、夏が終わってしまうんだという寂しさで泣いてました。

どうかこのアツい季節に出逢ったみんなでつくるこの作品が、人に届く時、ちゃんと温度のあるアツイものでありますように。

Futta2391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

ちょっとずつ

稽古稽古稽古。

ほんまにちょっとずつですが、進んでいます。役者のみんながめっさ頑張ってくれています。

私も、みんなのがんばりに負けないようにホンしあげたいと思います。でもちょっとまだぐるぐるしてます。ごめんね。みんなもうちょっとだけ待ってください。本当にすみません。

Cimg5254
稽古の後、たいがい、こうしてみんなで話しています。稽古場では稽古して、残りの時間は物語の中身についてとか役の関係性とか、みんなの質問とか話しあたっりとか。もちろん無駄話もしてますが、でもこういう時間はいつも大事やなと思う。これにみんなたいがい残ってくれるんで、これまたありがたいです。ひとつのものをつくるのに、話をするということは本当に大事です。

ナカジーが告知映像編集してアップしてくれています。みんな観てね観てね観てね!

★クリック

ほんで、今からバンドのみんなと練習。踊る曲だけでもしあげてきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

オトノオト

音楽とはまさに音を楽しむものですが。。

私の場合、音に苦しんでいるんで、まだ「音楽」と呼べるものではないのかもしれません。せっかく人に届けるものなので、もちろんいいものにしたいのです。でもでも難しいのです。これが。でも決して簡単にできるものではないので。今日も陽平くんと音のこといろいろ。音のこともいつもノオトする私。

台本も難産中の難産です。まだぐるんぐるんしています。

それでも!

今日も稽古けいこKEIKO.

昨日まで本番だったのんちゃん(お疲れ様!)も今日から加わり、稽古場は女の子が増えてふんわりしています。

今日は谷垣くん以外全員集合で、子供シーンざざざと大人たちのとこも両方稽古できました。

ナカジーが来てくれて、宣伝告知映像を撮ったよ。近々、ミクロサイトでアップアップな私らがアップされますはず。

稽古場日誌も見てみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

私の中にあるもの

今自分の中でせなあかんことが山積で。

実はもう雪崩落ちてるんやけど。フライヤーはすみません。あとちょっとだけ後回しにして。

台本以外に、昨日の夜中からずっと私の中で占めてたもので一番多かったのが曲やった。

んで、曲を最優先。

で、できた。やっと一曲目。でもここから大変。陽平くんと早速いろいろ。思うままにやったら、まず「長くないですか」と・・・。あ、そうやね・・・。ううぅ。

台本とおんなじ。とにかくはじめにできたものは長い。いつも削る作業。でもまた加わったりもする。なんでやねん。

ぐるじい~。

神様。私に万能の力をくれよー。私は生まれ変わったらゼウスになる。

そして稽古稽古!ミクロの稽古場日記は、こちら★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

space x drama 2010 ①

space x drama 2010始まってます。

今日はトップバッターの公演:

突劇金魚さんの「幼虫主人の庭」を観劇してきました。

まだ公演日があってネタばれになってしまうので、内容は語れないですが、サリngさんの発想の面白さと、そこから確かに伝わってくる温かいものがぎゅぎゅっと感じれる作品でした。役者さんもみんな上手ですよね。全員はまり役じゃないですか!いや、はまるように演じているのか。。うむむ。

衣装や小道具、装置が凄い可愛らしくて、見てるだけで癒される。

で、ラストシーンで、あら・・・わたしが今つくっているものと被ってるよ~というものが出てきたんですが、でも私の芝居ではあんなに可愛いらしくならないので、誰もかぶっているとは思わないかもしれませんね・・・。

0041
space x drama ①個目、大変いい刺激をもらってきました。わたしも、よし、がんばらねばと思ったのでした。

さて明日も稽古だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14歳

スカイフィッシュ・ワルツ

絶賛稽古中です。

子供たちが出てきます。決して大人ではない年齢の子供たち。14歳です。または15歳。

リリィも14歳。
好きな作品です。

私の初恋も15歳。
どうでもいい情報ですね。

そんな思春期な子供たちがでてくるお話です。私の書く話には実はいつも子供が出てきます。幼稚園児やったり小学生やったり高校生やったり。

まだ大人ちゃうやろっていう年代の子の持つ自意識とか焦燥感とか無邪気さとか残酷さとか、なんかいろんな要素が、物語の何かにひっかかる。というかそれが基になって、大人の僕らが今思うことって、なになに・・みたいに確実に繋がってるとこがあるからで。私の頭の勝手なぐちゃぐちゃ。

そんなんが上手く出せたらなあと思うのです。

345009210_1f826cd5a1

さて、シアトリカル應典院でspacexdrama2010が始まっています。

参加劇団、どこの劇団さんを観ても楽しいかと思います。お芝居好きな方はぜひ、参加劇団の公演どしどし観に行ってください。

そして、ミクロの公演を楽しみにしてくださる方へ。がんばります。
何回でもずんずん観に来てください。

サキやヒロセがいない今回は稽古の曜日を勘違いしたり、未だに台本コピー間違えたりなダメダメな私ですが、

ですが!

なんとか頑張ろうと思います。ふぇー。

稽古場日記はコチラ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

撮影さつえー。

今日は稽古場にナカジーが来てくれて役者のみんなの撮影。

Cimg5218
あらら、いつもアホキャラの海航さんもえらいポーズきめてますぜ。

Cimg5223
男前担当のはずの長縄くんですが・・この画像を見る限りそうではないようでした。

Cimg5229 ひじや大先生。今回はチンピラではないようです。でも稽古場でもチンピラ魂は無くすことはありません。

もっといろんな写真が

Micro To Macrom稽古場日誌で見れるよん。

こんな感じで稽古はもそもそ進んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »