« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月26日 (月)

伊賀流 第二巻 終了★

「伊賀流 第二巻」無事終了しました。一日前の告知やったのに、お越しくださったみなさん、ありがとうございました 。

いざ本番あけてみるとあっという間で、流石によしもとの皆さんは、御客さまの空気を掴むのがほんとうに上手で、あっという間にホールは笑いでいっぱいでした。凄いや・・・。

よしもとの方と一緒にこんなお芝居をさせてもらえるなんて、めったにない貴重な経験でした。

Cimg4971_3 袖から撮った木譲二さん。頭の形サイコーですね。これが最後ザクになるとは・・・。

Cimg4982 伊賀健二さん。
とても真面目で一生懸命な方。とてもまっすぐな方です。この伊賀琉イベント全編で何役もこなされていました。わたしとは保育園の話でええ保育士さんとしての絡みやったんですけど、刑事になったりカリスマ美容師なったり、最後の話ではオタクの役でした。でも切なくて温かくてやっぱり一生懸命なオタクでした。最後の空に向かって「メール送ったつもり」のシーン。よかったなぁ。

Cimg4986

前田真希さん。前田五郎さんのお嬢さんです。めちゃくちゃかわいい方です。実はマイケル好きで、実はダンスも上手です。そして、真希さんも本当に真面目で一生懸命。どうやったらわかりやすく、伝わるものになるか、最後まで台詞をこうしよう、ああしようと提案してくださり、数日しか稽古のない中、真希さんが相手役でとても有難かったです。

Cimg4987 平山昌雄さん。園長先生。面白過ぎです。平山さんが笑うだけで癒されます。アイドルの踊りも完璧でした。平山さんもとても真面目です。よしもとのみなさん、本当に真面目な方ばかりです。そして面白いです。最強ですね。

Cimg4983 よしもとの女子がいっぱいのユニット「つぼみ」の小寺真理ちゃん。18歳!か、かわいいー。ほんとうにアイドルですね。よしもと1押しタレントさんだそうです。アイドル役で、今回ちょっと大人な役でしたが、がんばってましたね。本番、すごい活き活きしてました。ファンの子がいっぱい応援してました。わしゃもファンいっぱい来んかしら・・。

Cimg4984 そして、よしもとでなくお芝居畑から、ザ・ブロードキャストショウの井路端健一さん。若手俳優SS氏役!ほんまに仮面ライダーに出てきそうな男前ですね。みんなにエセ笑顔とか言われてましたが、ほんとにこんなに爽やかな笑顔なんですってばよ!

Cimg4985 そして、作・演出の徳田氏。私は昔ながらのあだ名で呼んでますが。もうよしもとのえらい人なんやと思います。今回、彼がこの芝居に誘ってくれました。こんな貴重な機会をつくってくれて本当にありがとう。

Cimg4981 真ん中のかわいい子がほのかちゃん。今回このほのかちゃんのお母さん役でした。ほのかちゃんめちゃ可愛く頭もいい子でほんとにびっくりでした。御客様にも大人気やったと思います。

楽しいイベントに参加させてもらって本当に感謝です。よしもとのみなさん、共演者のみなさん、本当にありがとうございました。

Cimg4988 ナカジーやらみんなからの差し入れはニジマスでした。持って帰る時、ほぼ全ての人に二度見されました。女優冥利に尽きます。サンキューフィッシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

★出演情報★

よしもとの方とお芝居させて頂きます。

「伊賀流 第二巻」

@よしもと∞ホールOSAKA

【出演】伊賀健二/平山昌雄/前田真希/石井テル子(micro to macro)/井路端健一(ザ・ブロードキャストショウ)/小寺真理(つぼみ)/高瀬穂乃歌(松竹芸能)
【ゲスト】
【日時】

島木譲二
4/24(土)開場19:00 開演19:30

【金額】

前売2000円 当日2000円

【チケット発売】

<Pコード:597-780>
◆よしもと各劇場窓口(3/2~)
◆チケットよしもと
0570-041-489(自動応答)
0570-041-356(オペレーター対応)
◆チケットぴあ
0570-02-9999
◆ファミリーマート、サークルK、サンクス

【お問合せ】

◆チケットよしもと
0570-036-912

オムニバスになっていて、私は第1話の「保育園」というお話に出演しています。4日前ロックバンドの人で、明日保育園児の母ですわ!頭切り替えてすっかり明日はおかんになろうと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

ロス・ドス・ロウヘブン終了

ロスドス終わりました。

ご来場くださいましたお客様ほんとうにほんとうにありがとうございました。心から感謝致します。

そして共演者のみんな、演奏してくれたみんな、そして最強スタッフのみなさん、ほんとうにほんとうにありがとう。どれだけのありがとうでも足らんくらいや。

自分ひとりじゃできない。芝居はたくさんの人と関わって絡まってぶつかってほんで、高めていくものだ。だから芝居が好きなんだとおもう。

みんな本当に本当にありがとう。

観劇後の感想お手紙やメールやたくさん頂いていて、まだ返せていない方、本当にすみません。ありがとうございます。

今週末、実はまた本番があってもう稽古しています。頭を切り替えるのに必死です。すみません。とにかく今週末終わって落ちついたら、みなさんに連絡したいと思っています。

ひとまず、公演無事終了しました。ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

★Micro To Macro公演情報★

★Micro To Macro公演情報★

「ロス・ドス・ロウヘブン」

 ~ここに在る、なんて低い天国~

★予約受付は→こちらから

S

クリッククリック!


■公演日時
4月
16日(金)1930
17日(土)15001900
18日(日)13001700
※各公演とも、整理券は1時間前より発行、開場は開演の30分前より行います。

■会場
大阪市立芸術創造館

■料金
前売/2,500円 当日/2,800円 

詳細はこちら。

■チケット予約
こちらをクリック!

御名前・観劇希望日時・枚数・返信用アドレスを明記の上送信してください。

■Microのサイトだよ
こちらをクリック!

■お問合せ・連絡
microtomacro_jesus@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半日終わりました。

半分終わりました。お越しくださいました皆さま、本当にありがとうございます。

まだまだあと、半分。そしてとうとうあと2回。

陽射しが温かい。やったーと思う。

雨止みましたよ。たぶん私が止ませたんですよ。と今だけ思わせてください。劇中、いっぱい雨振ります。

私は、ものすご雨女で、これまでの公演で9割以上の確立で仕込みや初日は雨降ってます。

今回も100パー降ると思ってました。そのとおりでした。

そんでええよ。

降ってくれと思いました。なぜなら晴れるから。晴らすから私が。

芝居も音もしんどいことも全部高く遠くへ。

今日は13:00~と17:00~です。

是非お観に来てください。

Cimg4970

Cimg4969

夜終わり直後のみんなだよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

最後の稽古

とうとう最後の稽古が終わる。

明日から仕込み。でもこうしてまだPC前。なんだかんだ残っています。そして本番だなーと思うのと同時に、なんじゃいこの寒さー。

春なのに、春のはずなのに。

よし!観に来てくださったお客様に春を届けよう!・・・とか言えないけど、そんなこと到底できないけど、でもそれくらいのつもりでやろう。と思うのだ。

井上ひさしさんが死去したニュースで朝やってたTV番組で、井上さんが演劇についてコメントされていた。「いい芝居っていうのは奇跡を起こすんですよ。いい芝居は役者と観客の間を空間を、隔たりをひとつにする・・・」みたいなこと。

そうだ。だから芝居なのだ。どんなに寒くても春を降らす。奇跡は起こすもんだ。

金曜日からです。どうか観に来てください。頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

イキル活かし生きる

通しをする。日曜が終わってしまった。来週の今頃はもう本番終わってるんや・・・。しんどさも眠たさも荷物の重たさも全部ピークやで。

バンドの皆には、プレイヤーとして演奏するという域を超えたところまで要求したんだけど、その部分もがんばってくれていた。

役者の芝居も今までで一番いい芝居だった。またランタイムがぐっと短くなった。目標まであとちょっと。

3つの物語がそれぞれちゃんと見えてきている。3つの話が畝って物語の幅が大きくなってきている。だから「ロスドス・ロウヘブン」全部が大きくなってる。相手役の唾を浴びる。テンションが上がり過ぎて声がひっくりかえる。本番前とはそういものだ。これでいい。

ダンスはみんなイキルがいいさ。ダンスとは見栄えだよ。俺・あたしかっこいいやんで当たり前や。

自分をもっともっと活かそう。自分という役者をもっともっと出し切ろう。まだまだあがいていい。やれると思うこと全部ぶつけて。

そして、この物語を活き活きと生きてほしい。2時間の中でその役という人物の命でめいいっぱい生きてほしい。

本番16日(金)~18日(日)までです。是非来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

幸い

私は幸いである。

うまれた日があって、祝ってくれる人がいて、あたたかい。今日は稽古場で皆がケーキを用意してくれたり、しかもそれは、ヒロセが持ってきて来てくれたりで、こんな私の周りによくぞこんなに温かい人がいてくれるもんだと、やっぱりジーンとなる。

そして皆から贈り物まで頂く。皆ありがとう。

Cimg4924

今日は私のうまれた日なんですが、この同じ日付に自分の中に宿った大切な命を絶った友人がいて、その数日後に死にたくないのに病気で逝ってしまった友人がいる。

どちらも同じ命で、かけがえのないもので。誕生日に桜が咲いているのを見るといつも思い出す。

今回の芝居をこの季節にやれてよかったと思う。命はきらきらしているものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

感情のこと

誰もがあるとは思うんやけど、芝居をする時には大事なもんがあって、たくさんあるなら、取捨選択が必要で、それでも何か捨てなければならないものがあったら、切り捨てて、そして最後に残したいものは何やろうと思ったら、実は残るものは1個しかなかった。

笑いのセンスが全くないと思ってるので、「面白い」シーンはなかなか描けないんやけど、「面白い」芝居にはしたいのです。自分が思う「面白い」に。

私は上手い役者の上手い芝居を観たいと思うのと同じくらい、未熟だったり経験の浅い役者が上手い下手超えたところにあるものを吐き出している芝居を観たいと思うのです。もう好き嫌い好みの問題ですが。でも今は、自分がいいと信じるものがお客様にも届く「面白い」ものになりますようにと、いや、なるようにと、強く信じてつくる。それしかないなと。

今日、稽古終わっても皆で話していて、何度も私の作品にかかわってくれている役者から、「石井さんの書く芝居はしんどい」と言われる。なるほど。演じていて苦しいそうな。えらいしんどい思いさせてるのねと。だけど、作品を理解してくれているなと同時に思う。

どうしてもハッピーな人を描けない。何かに苦しいひとしか書けない。暗いんだよ。私。でもでもその人がどうなるかを知ってもらいたいんで、物語書いてます。私は人間大好きです。

今日の稽古でダイゴさんが「感情の解放」ちょっとした遊びをしてくれた。でもでもそれはとても有難い遊びで、何かしらみんなの今日以降の芝居の何でもいい、小さなきっかけになればなぁと感じる。流石は年長組代表ダイゴさんである。。

一回帰ってんのに置名くんを呼び出すサキ。ちゃんとやってきて、酔っぱらい年長組の話を真剣に聞く置名くん。ばか話ばっかりしとるけど、みな芝居のこと必死で考えてる。

こうして皆がアホ演出をそっと支えてくれている。と勝手に感じている。

八木さんが来てくれた。音が流れ出す。夜中、西本さんと今日も更に細かいとこ詰めていく。本番の近さを実感。

残り時間、全力でがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ロス・ドス・ロウヘブン告知映像★

告知映像ができました!
見どころだらけの「ロス・ドス・ロウヘブン」是非来てください。

メンバーみんなで書いてます。稽古場日誌★

チケット予約は こちら★ 絶賛受付中です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

通し

今日は、通しをした。

問題はいろいろあり。発見もいろいろあり。とにかく長い。長かった。長い話を書いたとは思ってなかったけど、実際長く感じたんで仕方ない。芝居・だんどりが上手くいってない箇所を差っぴいても長い。台本の台詞に根本的問題もありやなと。カットカット。とにかくなくてもいい台詞は省く。大事な台詞と瞬間を研ぎ澄まそうと思う。

あとは装置との兼ね合いも再度検討。うなることばっかりや。

とにかく通してみてやっと分かったことがいっぱいあったことは役者たちだと思う。わざとバラバラにしたものを書いてるんで、役者のみんなには、繋ぎ目が全部むつかしく、大変な思いをさせている。ばたばたしてるし、しんどい芝居やと思う。だけど、面白くなる。信じてる。

あと2週間でできること、全部やろう。てかやなねば。こっから先はNOW OR NEVERしかないんで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

4月になれば

彼女は。っていう作品をやったのが多分劇団をつくる前のはじめのはじめ。あきらという役やった。懐かしい。

4月になった。大変だ。時間が足りないと今更痛感。今日はおっかまんにラストシーンの相談。やはりおっかまんには何でもきいてみるべしだ。悩んで損した。

で美術の西本さんと、何度も何度も練って練って考えて打ち合わせ。巨匠を苦しめる頑固演出の巻。

それから最後の曲を今してくれている陽平君とも打ち合わせ打ち合わせ。とても私のやりたいことを尊重してくれる。

そして小道具何が足らんのか考えていて途中でどうも記憶が無くなった。

たぶん石井脳味噌的にとっくに容量オーバーなんやけど、知ってるいるのに知らんふり~という古い歌をうたって乗り切る算段。

いい作品になるようにしたい。あとひと頑張りだぜ。

全然写真とか載せてないけど、稽古場日誌でみんなが記事書いてくれたり、写真載せてくれたりしてます。みんなありがとう。

これから毎日できたらみんなのこと紹介していこう。

Cimg4906_2 今日紹介するのは小道具をつくってくれている、森本実希さんこと、もちこちゃん(ゲキバコ!)です。

可愛いのです。役者にしたい、可愛いのです。そんな国に?っていう外国へふらっと行ってしまうのです。それがまたもちこちゃんの魅力だよ。今回もいっぱいある小道具、一生懸命やってくれています。本番も居てますね。こんなかわいいもちこちゃんに会いたい人は、4/16~18 芸術創造館に来るべし来るべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »