« ちょっとずつ前へ | トップページ | 嵐 »

2010年3月20日 (土)

ハルの日は三寒四温を繰り返す

春の日は三寒四温を繰り返す。

皆がバイトの合間を縫って挟み込み行ってくれたり、(ありがとう)さっちゃんはが稽古前、男の子と間違えらたり。心温まる話ばかり。間違いない。ハルは近い。

稽古しています。

適切な言葉が吐き出せず、イメージを伝えてばかりのダメ演出。役者のみんなは、本当に一生懸命やってくれている。

伝うかな。
届くかな。

毎日、不安と自分を信じる気持ちが鬩ぎあう。まさに三寒四温の日々。

「奇蹟」の話を書こうと思った。そこからこの作品は産まれてる。

でも実はこうして、存在すら知らなかった人同士が 出逢い集まり、芝居という一つの架空の世界を共に生きている。これまた奇蹟。

世界は奇蹟の連続で出来ているのだ。

|

« ちょっとずつ前へ | トップページ | 嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/33850465

この記事へのトラックバック一覧です: ハルの日は三寒四温を繰り返す:

« ちょっとずつ前へ | トップページ | 嵐 »