« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

春の雪

4巻の中で一番好きなのが春の雪。輪廻転生。命の連鎖。

今日は春なのに雪が降ってきた。稽古の帰り、見上げると満月。 豊饒の海が見えたかと思う。

Cimg4918_2

手袋忘れたんで手が悴んだ。寒くて冷たい夜。

稽古してます。役者はがんばっている。でもまだまだやれる。これからバラバラなものをひとつにしていこう。みんなで同じ月を見て。

伸ばした手が届かなくとも、でも伸ばそうとしたことが大事なんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

 音の奇蹟

今日はバンドメンバーと練習。

昨日史人くんからもらったデモからみんなでプリプロ。私が持ってくる「なんでそんなんやねんっ!」ていうものが、みんなの技と力で凄い凄い素敵な形になっていく。だいたいがこれ奇蹟なのだ。音ミラクルだ。

そしてみんなの演奏が良すぎて泣きそうや。
演奏100点、うた2点っ!頑張れ私。

ひじー、さっちゃん明日2曲目持って行きます。

もうすぐ3月も終わる。がんばらんと。

そして、Hach-amp さんが告知映像アップしてくださいました。
映像は★こちら

絶賛予約受付中。ご予約は★こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

マイケル様とジャニー様

稽古してます。

劇中に、ダンス・振りのようなものが入りますが、今日はおおまかに最後までその振りがついて、みんなで稽古稽古稽古ー。

振り付けをしてくれるのは、
泣く子も黙る鬼の振り付け師:マイケル泥谷氏と
昨日も男の子に間違えられたぜ:ジャニー松村女子。

Cimg4916

二人の力でパワーは倍増。かっこええ旋風が吹き荒れるの巻。みんな気分はマイケルジャニーエグザエル。

あんまり踊らんでいい置名くんが、精鋭超1軍。
踊らなあかん浅倉・吉田は2軍半!くるみちゃんがあと10㎝背が高かったら、1軍候補!

そして段取りは俺に任せろ、織田さん吉野さん。素敵です。みんなきらきらしてました。

さて、あとは芝居。吠えろ赤い犬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

春の嵐到来。

今日は昼から夜まで稽古。昼はオープニング振りと中盤~ラストシーンの稽古。サキは、オープニングの振り?に苦悩。置名くんは、・・・・に苦悩。特に置名くんの苦悩っぷりは半端じゃなかった。ああそうさ苦しむがいい。というか苦しむしかないのだよ。今日のテーマは「ザ・苦悩」そんな感じ。

夜は、やくざチームと小説家にまつわる人々の稽古。ちょっとシーンをつくったり。これがなんかいいシーンになりそうな気がした。

私も苦悩の連続で、実はこの足りない脳味噌の所為で苦悩だらけなんやけど、メンバーの皆がこんなんどうだろうと提案してくれたり、皆でつくっている感があって、私はとても嬉しいのだ。

帰りはサキと衣装とかその他、細かいこと打ち合わせ。

そして雨。天気予報?なにそれという私らなので、もちろん傘なんか持ってなくて、ずぶ濡れロックで帰宅。風が苦悩している。

春の嵐到来。しかし嵐はやってくるもんじゃなくて起こすもんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

ハルの日は三寒四温を繰り返す

春の日は三寒四温を繰り返す。

皆がバイトの合間を縫って挟み込み行ってくれたり、(ありがとう)さっちゃんはが稽古前、男の子と間違えらたり。心温まる話ばかり。間違いない。ハルは近い。

稽古しています。

適切な言葉が吐き出せず、イメージを伝えてばかりのダメ演出。役者のみんなは、本当に一生懸命やってくれている。

伝うかな。
届くかな。

毎日、不安と自分を信じる気持ちが鬩ぎあう。まさに三寒四温の日々。

「奇蹟」の話を書こうと思った。そこからこの作品は産まれてる。

でも実はこうして、存在すら知らなかった人同士が 出逢い集まり、芝居という一つの架空の世界を共に生きている。これまた奇蹟。

世界は奇蹟の連続で出来ているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

ちょっとずつ前へ

昨日の稽古は、美術の西本さんが来てくださった。急遽行きますーと、忙しい西本さんらしく。稽古見てくださり、そしてそのまま終わってから打ち合わせ。人と場所が入れ変わり乱れまくりシティの私の芝居のおかげで、西本さんの眉間に皺がぁ・・。ああ、すみません。いつもは私もこんなんにしたいんですーと具体的な絵が描けるのに今回は二人して、ふむむ・・・の連続。

でも最後にはやってみます!と、明るく去っていく西本巨匠。凄いぜ。

そんな私らの打ち合わせの横で、つまみを作ってくれる吉野さん。いつもありがとうです。そんな吉野さんは実は西本さんの大学の先輩。

そして今日はバンドのみんなの練習。いつもながら私のへっぽこな曲が、100倍カッコよくなるのは、史人くんと、この演奏してくれるみんながいるから。今日は、みんながいっぱい色んなもの出し合ってくれてほんまにどんどん良くなっていった。いつも初めて音がなった時感動するけど、今日は本当に感動しまくり。ちょっと鳥肌。

Cimg4910

みんなに色んなことお願いしたけど、快くやるぜと言ってくれる。なんていい子らばっかりなんやー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

★JESUS FILM情報★

いつも、そして今回も公演を撮影してくれるJESUS FILMの中島裕作監督の作品と、ミクロの公演に出演してくれた西野孝宏監督作品が、3月下旬~4月上旬、上映ラッシュダンシング!下記情報を要チェックだぜ。

己が魂のために」という作品に、私と、今回のロスドスに出演する浅倉サキと吉田コナが出演しています。

浅倉サキは、「君への切符」と「D・W・Mr.ニコル」と「ワンマン・アーミー」にも出演しています。

吉田コナは、「最弱対最弱」にも出演。

浅倉サキと吉田コナ、私ともに、今回の芝居と全然違う役なので、この映画を見て、ロスドスの芝居みたら、20倍面白いと思います。

↓↓↓
シネ・ドライヴ2010にて、中島裕作監督の「己が魂のために」と西野孝宏監督の「最弱対最弱」が上映決定!

・3月22日(祝月)18時~
シネヌーヴォXにて中島裕作監督「己が魂のために」上映

・3月25日(木)16時30分~
シネヌーヴォXにて西野孝宏監督「最弱対最弱」上映

・3月27日(土)21時~
プラネット+1にて中島裕作監督「己が魂のために」上映

・3月29日(月)20時~
プラネット+1にて西野孝宏監督「最弱対最弱」上映

・4月4日(日)14時~
シネヌーヴォXにて西野孝宏監督「最弱対最弱」上映

・4月8日(木)14時~
シネヌーヴォXにて中島裕作監督「己が魂のために」上映

(まだ不確定ですが、出来うる限り、各回に監督の舞台挨拶がある予定です)

入場料金等の詳細は、シネ・ドライヴ2010のHPをチェック!!


さらに!!
ひめじ国際短編映画祭in神戸にて、JESUS FILMの作品群が上映決定。
JESUS FILM作品の上映&ティーチインのコーナーを作って下さるという、まさかの豪華仕様!

有名監督でもないのに特集上映して頂けるなんて、普通に考えたらこんなのマジにないです。何と嬉しい!もう寝れないぜ!BY中島監督

ひめじ国際短編映画祭in神戸
3月28日(日)11時~18時
入場料:500円
場所:神戸元町商店街 海文堂書店ギャラリースペース Sea Space

上映作品
中島裕作監督
「最初で最後の事件」「君への切符」「D・W・Mr.ニコル」

西野孝宏監督
「派遣社員とリボルバー」「派遣社員とシークレットサービス」「ワンマン・アーミー」

是非、お時間のある方は観てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

メロディ

本当に眠れないのは、何故に。

嗚呼、ぐやぐやなんじをいかんせん。

きっとあまりにも色んなことに想いが行き過ぎ。巡り過ぎ。故に斯くして通り過ぎ。

メロディー、この前のはやっぱり台本書きあがってから、ううん・・・違うなと。そして新しいメロディが、さっき。こっちだ。

メロディが大事な話なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

脱稿

台本脱稿。

難産中の難産。アクスピ時代の公演も含めてたぶん一番苦しかった。まだまだ書き直したい。まだまだ変えたい、変えねばと思う。

でもひとまず、今日は寝むってみようと思う。

体調悪くなり、みなさんにご心配をおかけしました。鼻血は止まりました。血圧は70くらいにはなったと思います。胃潰瘍は良性のままです。造血剤ちゃんと飲めてませんが、ほうれん草できるだけ食べてます。大丈夫です。血液型は、判定不能のまま亜型です。いいです。もうこれで。

1か月半、がんばります。がんばらなければならない強い理由ができた。

今日の稽古場では、何も言わなくても、みんなが休憩中にも寸間を惜しんで読み合わせしてくれたり。前向きな役者と作品をつくれるということは、とても幸せだ。

物語にやくざと刑事と小説家が出てきます。その他もろもろ。どれも大好きな私の子供です。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »