« あいがん | トップページ | 11月の芝居 »

2009年10月 4日 (日)

グリーンのテープ

今日は、生まれて初めて行ってきた。行ってきたのよ。

プロレス観戦!

@大阪府立体育館!実はプロレスのプの字も知らない私やけど・・試合中に亡くなってしまった三沢というスーパースター選手の追悼の為に行われた試合ということで、府立体育館はプロレスファンで超満席。すげー熱気だ・・・。

Cimg4629

写真を撮ろうとするも選手の気迫と熱さのあまり、撮る写真撮る写真、全部こんなんになってもた・・・。

Cimg4633

ゴングが鳴る前はこんな感じ・・・。みんなめっさ強そおーーー。

しばきまくるので、べチーって凄い痛い音は鳴るし、流血はするし、ぶっ飛ばされて、投げ飛ばされて、ふらふらなりながら戦うんですよ。凄いわ・・・。

最後は三沢選手の追悼式が行われ、会場のみんなが三沢コール。私も三沢選手を一回も見たことないくせに、みさわぁー言うてました。

熱かったです。

三沢選手のイメージカラーはグリーンだったそうで、最後にリング上にファンのみんなが投げたグリーンのテープがきらきらしていました。

Cimg4640

久し振りに芝居じゃない熱いものに触れた気がする。そしてプロレスはちょっと芝居と似てる。

|

« あいがん | トップページ | 11月の芝居 »

コメント

いいですね~♪プロレス。楽しそう。
僕も見に行きたい。
もしやと思い、baku-団の水本さんの日記を見てみると、似たようなことが書いてありました。

「石井さんが一人でプロレスを見に行くわけないな。」と(笑)

確かに、演劇とプロレスは似てるところはあるかも知れないですね。

プロレスが総合格闘技などと違うところは、↓


・関節技などをかけるときに、ある程度技が形になったところで、 お客さんにアピールしてからかける。(行くぞー!みたいに)
・相手の技をあえて体で受け止める。(ビンタなど)


といった所ですね。
総合格闘技やボクシングなら、相手のいい所・武器を出させずに仕留める、みたいな所があるんですが、プロレスはあえて相手の武器・得意技を出させる。潰し合いには終始しない。
お客さんに魅せることを重視する。

その辺がプロレスと芝居は少し似てるのでしょうか。
プロレスは勝負というより、ショーですからね。
大阪プロレスの方が、NOAHよりショー的要素が強いと思います。

僕は芝居のことはあまりよく分からないですが^_^;

投稿: 「用件を聞こう…。」 | 2009年10月 7日 (水) 21時52分

用件を聞こう・・・さん

そうなんですよ。そんな感じ。
まさに「魅せる」勝負ですね。
面白かったですよ。
選手たちが試合終わった後、みんなでバラして別の土地での
興行に移動したりすることもあるんだって。
そんなとこも劇団っぽい・・。

投稿: teru | 2009年10月 7日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/31663994

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンのテープ:

« あいがん | トップページ | 11月の芝居 »