« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

魔女まじょ

今日は、4月に客演させてもらう劇団、魔法のチョコレート「魔女になるには」の稽古開初めだった。

公演のタイトルは「魔女になるには」なんだけど、正に魔女になるには、どうすればいいんだよぉ私・・・という役者の想いも兼ねたタイトルだわ。

そして今回の稽古場、女子率高っ!7分の6女子!男子1名(今日役名決まった眼鏡のフラウ)はハーレム状態だぜ。

Pm_cimg4128

稽古は楽しいなあ。作演はいつも頭使って、もう毎回ヘトヘトになるけど、役者はなんだか、もの凄く楽しいなあ。 芝居してるとしんどいことも忘れてしまうなあ。役と物語のこと以外考える必要なくなるもんなあ。うむ。

サキ(双葉)の台本は字が小さい!行間が狭い!小説読んでるかのようだ。さて、これがどんな芝居になっていくのかね。楽しみずら。(松山ケンイチ風に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

レイニー

レイニーレイニー

冷たさに打たれながら哀しい物語を想い出した。

レイニーでブルーだ。

行き過ぎる車のヘッドライトがひとりぼっちの影をつくる。

とかいう唄。

今日は降りすぎ。

全部流れそうだ。

怖いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

ヒガシ

今日は東京へ行ってきた。

富士さ~ん!

Pm_cimg4117

移動中の新幹線で、ものすごい田舎もんみたいに写してみた。

は、晴れてる・・・。

私が移動しているというのに晴れている。

素晴らしい。

ヒガシの街は歩いても歩いてもどこも混んでる。

立ち止まってる場合じゃない。

一歩。闊歩。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

眼鏡の奥

今日はまだ寒さましだったかな。

でも紙で手を切って、これが小さいのに深くて痛い。

かねてより見た人から99パーの確立でヒドイぞな。それ。と言われ続けていた度の合ってない眼鏡。やっと変えてみた。

これで私の眼鏡ヅラを否定する人は98パーに減ったはず。

Pm_cimg4111

・・・おばあちゃん度数アップしとるね。

そしてこの眼鏡の奥から私が見てるもの、誰にも分かるまい。

明日は東京。

ここんとこ移動ばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

博多の人

今日は福岡に行ってきた。

寒かった。なぜに大阪より南へ移動しているのに寒くなるのか・・・。

でも昨日じゃなくてよかったぜ。昨日は雪積もってたらしい。

ちゃむ~。

そんな冷たい空気の中、博多の人たちはあったかかった。

ありがとう。

帰りの新幹線で爆音で聴いたゴッチの声で泣きそうになる。

明日大阪があったかい日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

とろける

とろけるブリオッシュ・・

とろけるビーフのカリーパン・・・

とろけるシリーズ満載のVictoireのパンたち・・・。

Pm_cimg4115

クロワッサンがなくなってた。残念。

私もとろけなきゃあ・・・とか思う。パンだってとろけてるんだからなぁ。

明日は福岡に行ってくるのだ。寒いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

乾く

この前まで石油ストーブを使ってたんです。

危ないってんで、ファンヒーターに変えたんですが、石油ストーブだと、上に薬缶のっけてるとと、沸いて、シュンシュン蒸気を出してくれるから、部屋は凄い潤ってたのだ。

でもファンヒーターに変えてから・・・。

カ、カラッカラじゃないか。

乾燥するする。う~。これはなんだか苦しい。今までの湿度に慣れているんで、この乾いた感でなぜか喉も渇く。ふむむ。ストーブの方がよかったなあ。

Pm_cimg4114

乾くって辛いな。外も中もね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

気のせい

お茶好きである。

コーヒーも紅茶も好きだ。

が、お茶好きである。

Pm_cimg4105

やっぱり静岡茶って書いてるから美味しいのか。

気のせいか。

今日は寒かったですね。

あったかくして寝てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

東大阪から宇宙へ

今日、東大阪市の町工場が中心となって開発した小型衛星「まいど1号」が宇宙に旅立った。

私は根っからの東大阪人でして、これはやはり嬉しい誇らしいニュースだ。

東大阪といえば赤字No,1だったり、犯罪多発と、どんよりニュースが多い市なんだけど、でも、東大阪でできたものが宇宙に打ち上がるんだもんなあ。ものづくり精神だよ。工場集積率全国1の町だよ!これは自慢したい。温暖化の将来予測が正確になると期待されるそうだ。

ニュースで言うてたけど、観測の正確さは、風呂桶に目薬4滴を垂らしたくらいの濃度までも観測するらしい。す、素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

魅了

昨日のオバマ大統領の就任演説。聴き入ってしまいました。

「change」してほしいと願います。

そして「ムーラタルト」の焼き菓子たち。

Pm_cimg4106

喪黒福造のようなこの顔のパイ。パリパリ。

Pm_cimg4109

林檎タルト。この薄い林檎の敷き詰め方。素晴らしいね。

人を魅了するには全て訳がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

みゃー

雨の名古屋だみゃー。

Pm_cimg4103

私がどっかへ移動する時、そして仕込みとか本番とか90パーくらいの確立で雨だみゃー。

観たい映画がなかなか観に行けない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

人として

してはいけないのは人に迷惑をかけること。

人に迷惑をかける人って

それは駄目ですって誰にも教えてもらわなかったのかな。

とても哀しい人生だ。

何も生み出さない人生よりも更に哀しい。

人に苦しみや苦労や心労をあたえて生きてるなんて

生き恥です。

恥ずかしくない生き方をしたいと思う。

でもそういう人って恥ずかしいと思わないから普通に生きてるんですよね。

哀しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

センス

今日、20代前半の若い人と話をしてて、その人は凄い映画好きで、好きな映画を聞くと

「トレインスポッティング」

と即答してました。好みもあると思うけど、どんな時代になっても何年たっても圧倒的に「若者」の心を捕らえる映画なんだなあと、(勿論歳とっても大好きだぜっていう方もいっぱいいると思いますが)つくづく感じる。センスなんですよね。

蘇ったサンタナがジョジョにかける技で、肋骨が体からビローンってもろに伸びてきて相手の体を巻き込む技があるんです。めっちゃ真剣に戦ってるシーンですよ。それリブス・ブレード(別名:露骨な肋骨)って言うんですよ。素晴らしくないですか。このセンス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

恋心

今日はこの前の「セイハロー~」に出演してくれたさっちゃんこと松村里美さんの劇団TAKEIT EASY! の公演「千年女優」を観て来た。

アニメ界の巨匠 今敏 監督のアニメを舞台化!!そして演出は末満さん!ほえ~。

Topbanner_sennen1

アニメを先に観ておかないとわからないかも・・というくらい、人物や時代や設定が入れ替わり交錯していくお話・・と聞いてたんだけど、観たい観たいと思いながらもアニメ版を先に観る時間がなくて、何の知識もないままに劇場へ・・・。

でも観てみると、どれだけ人も時代も設定も入れ替わってもよく分かるお話だった。伝えたいことがシンプルでとても観やすく、お話に入っていける。どんどん引き込まれていきます。そうです。想いはひとつ、恋ごごろです。想いの強さと深さです。ひたむきさです。

末満さんの演出特有の目くるめく展開の早さ、そのスピード感に音楽も照明もとても美しく素晴らしくあっていて、魅せられました。そして、役者みんなの躍動感と熱さも伝わる、いいお芝居でした。

テクイジーズ、皆いつ観てもカッコよく、可愛い。

帰りはデコとナカジーとでご飯を食べて帰ってきました。なんか似合わず、芝居と映画の真面目な話しましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ショコラ

今日は、今度4月に出演させていただく「魔法のチョコレート」さんの顔合わせに行ってきた。

そして見よ!この女子率!!100%やん★ひょえ~。

アクスピやMicro公演には漂うことのない、ええ匂いがしました。凄いことだと思いました。

Pm_cimg4101_2 

お昼集合だったんで、お酒じゃなく、お茶をする。甘いの飲もうと思って「ショコラなんとか」を注文する。「ちょこ」開始です。

Pm_cimg4102

なんか女の子でしょ~。そして、こんなにたくさんお女子ばっかりが寄れば、必然的なのかな?話は「恋」のお話とか・・・

でも石井は話すことがまるでなくてどうしようかと、かなり焦ってましたが、私に話を振ってこられる方は、ほぼいなかったです★それはそれで北風気分です★でも公演は春だぜ!るん★

夜は、久しぶりにアクスピーズで集合。飲んで食べて喋って帰ってくる。芝居が好きなことと芝居がしたことだけは全く変わりなく。それがまたとても嬉しく。

お互いどこで何をしてても、頑張ろうと思うのです。

今日は1.17です。14年前の自分を思い出しました。なくなった命に追悼。

生きている私は、今日いろんなことを感じ考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

もりのロール

森のロールケーキ。

ここ最近で一番美味しくできたやつ。

切ったら年輪みたいになってるのだ。

Pm_cimg4079

外がモンブランの栗クリームだ。中が生クリームだ。

ノエルの時につくったの。

ノエルってもノエル・ギャラガーとはちと違うノエルだぜ。

白いのはメレンゲ焦がし焼き。

サックサク。

実に美味しかった。

またつくろう。また食べよう。

嗚呼。森に行きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

メリルストリープ

映画「MAMMA MIA!」を観る。試写会。

Pm_cimg4100

あまりにも有名なミュージカル作品だけど、そのミュージカルは観てなかったのだ。映画では、名優メリルストリープ。

映画だけど、作風はまさにミュージカルで役者たちが何曲も歌い、踊りまくる。

どうしても自分の父親を知りたくて、自分が生まれたころに母親がつきあっていた男性3人(父親候補)を母に内緒で自分の結婚式に招待する花嫁。父親なら会えば必ず分かるはずだから・・と。

そして、やってくる3人の男。

でも結果・・・

ピンともこない。

・・・ノーウ!

でも最終的には父親なんて誰でもいいわ!という展開がスーパーアメリカン的だ。

素晴らしいのは、やはりメリルストリープ。もう多分60歳くらい。でも踊る踊る。歌う歌う。しかも上手い!素晴らしい役者は何やっても凄いのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

極寒でハピバ★

昨日はJESUSの撮影でした。

「己が魂の為に」も今日でいよいよクランクアップ!!という私は数シーンだけの出演なんだけど、夏からずっと撮ってきたJESUS FILM史上最も大掛かりな作品ですよ。

今日は初めの頃のまだ幼いヨージ(西野くん)とワル黒木(森っち)&ワル冴子(あたし)、そして、ヨージの兄貴分の植苗(よっしー)が登場する前半のシーン。

血だらけで走り、トイレで絶命までのシーン!!だけど、とにかく

さ、

さっ!

寒い!!

シャツ1枚で、しかも血のりで濡れた(つまりめっちゃ冷たいのね・・・)ままコンクリートの公衆トイレで寝転ぶ吉田氏は殆ど死亡状態で、体がずっと震えていたよ・・。でもそんな極限の状態でやった相乗効果か、主演西野くんのギリギリの精神状態の芝居はエライよかったと思うんだけど・・。

とにかくJESUSの撮影は、どんだけ寒いねん!とかの極限状態での撮影がなぜか多い。私もかつて「リミットエンド」という映画の撮影で冬の山中で、血だらけタンクトップで死亡しかけたことがある。

それでもやる。

ま、そこがこの集団らしいところで、ナカジー監督らしいところです。

そんな監督は本日14日に誕生日を迎えるとな!

ってことで皆でお祝い★とかとも思ったけど、あまりの寒さで全員歯がかみ合わなくて言葉が喋れず「おめでとう」が言えなかったので、火花が出るとかいう乱暴クラッカーでちょこっとだけお祝い。

そしてクランクアップ★

したのかな・・・。

最後のよっしー、西野くんの二人のシーンを残して解散となりました。お疲れ様でしたー。

ナカジー教祖。まだまだこれからも人とは違うナカジーワールドを突っ走ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

昔むかし

つくった歌

本当に昔むかしにつくった歌。

なんで今頃口づさんでしまうんだろう。

つくった時に聴かせたいと思った人はもういないし

なんでかね。

曲の内容が今の自分の気持ちに似てるのかもしれん。

・・・のかな。

妙にぐるぐる何回も頭ん中ヘビロー。

はふ。

モモはちょっと元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

モモ

うちの猫はモモと言う。

もうおばあちゃん猫。20年生きてる。ものすごい長生き。

昨年、もう駄目かあ・・・と思うくらい調子が悪くなったことがあったんだけど、点滴と注射と薬の効果でめちゃくちゃ元気に。

でも昨日、またものすごく調子が悪くなる。血尿が出て血だらけになる。

慌てて病院に連れていく。

家には車がないのでいつも自転車。

急いでるのに、こいでもこいでも前に進まなくて

モモは「ニャァ~」と、もの凄い弱弱しい声をかすかにあげ続けるし

でも途中から、カゴの中のモモが

鳴いててくれることの方がこぐ力になって

もし鳴きやんだらもう二度と鳴かないような気がしてきて

こんなに必死にこいでるのに自転車は進まなくて

病院で先生に注射を打たれているモモの背中を見ながら

ぱたぱた・・・

って音が聞こえてきて、

その動物病院の窓が揺れてた。

その時になって

ああ・・・

そうか今日は風が強いんだ・・・って気がついた。

帰りはできるだけゆっくりこぐ。

もう鳴いてないモモ。

今日も寝てる。まあるくなって。

明日も激寒だって天気予報が言っている。

家、あったかくしとかなな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

安達千夏「モルヒネ」を読む。

実はここんとこ、「恋愛小説です。」と謳っている小説ばかりを読んでみているんだけど、どれも私にとっては、あまり「恋愛小説」とは感じられず・・・。

そもそも「恋愛小説」ってなんぞやっていう根本的なところから多分わかってないんだろうけど。

Pm_cimg4096_2 で、「モルヒネ」。

「水」が作品の中ですごく重大なモチーフなんだけど、物語の内容は「氷」かな。

人は恋をしても一緒に暮らしても結局は孤独なのだ・・・という哀しみをしみじみ伝えられた感じ。

きっととてもリアルなんだろう。

でも小説とか映画とか、人が生み出すなにか作品ってやつには、どうにもならないリアルに立ち向かう夢や希望があっていいと思う。たとえそれが無残に散り行くさまを描いていても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

ニューシネマ

昨日、イージーライダーのことをふと思い出してたんで、そこらへんの時代のアメリカンニューシネマ代表作「Bonnie and Clyde」を観る。

もう何年も前にTVでやったのを録画して保管してるビデオテープのを見たんだけど、途中に入っているCMに川谷拓三さんが出ていて、少ししんみりなった。

Bc

「俺たちに明日はない」って邦題はいい。時になんでその邦題つけだんだ!ってのがあるけど、これはいい。でもやっぱり「Bonnie and Clyde」の方がもっといいけど。

明日のない二人だよ。自由になりたいアメリカ人だよ。若者だよ。でも、どこにいってもどうなっても自由になれないよ。ニューシネマだ。

ラストの全身に銃弾を浴び続けるシーン「死のダンス」は何度みても圧巻。実はこれ最初ゴダールが撮る予定だった映画だそうな。もしそうなってたらまた全然違うものになってかもしれないなあ。ファイダナウェイの煙草の吸い方が素晴らしくいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

イージーライダー

この前、ハーレーダビットソンに乗ったのだ。

Pm_cimg4075_4 じゃん!

ハーレーサイドカー付きやん!でか!

これは、機械蛙さんのお父さんがアメリカから独自で輸入したっていう、なんと日本に3台しかないっていう代物だぜ。

うひょー★

Pm_cimg4076

よく見てみてみそ。「POLICE」の文字が・・・。本当に警察が乗っていた白バイなのでした。

でも実は・・・

Pm_cimg4074

実際に乗ったのはサイドカーだ!当然ながらあたしにこんなの運転はできねえぜ。(機械さん安全運転ありがとう。)

これで恵美須町1stから家の近所まで帰ってきたのだ。やり過ごしていく車ほぼ全車からの視線を集めまくり。3年分の人からの視線集まり度数を使い果たす。そして風よけがついてなかったら顔面の皮膚は飛ばされてたね。

サイドカーでも気分は・・

Easyrider1 イージーライダー!

ジミヘンを聴いて自分でぶっ飛ばしてる気分に。久しぶりにこの不朽の名作を観たくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

台詞

今日から山田太一のドラマやってる。

久しぶりに観てみようと思う1本。加瀬亮いいですね。映画の人の印象ですが、いいですね。山田太一のドラマに合っているとまず感じる。

あと井川比佐志とか風間社夫とか八千草薫とかね。脇が素晴らしい役者陣。

何がいいって、台詞がいい。

とてもいい。

続けて見よう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

短い

見た目の印象からだろうか

きっと私をよく知らない人は

私のことをのんびりしてるとかふわーっとしてるとか思うようだ。

確かにそういうところもあるよ。

でも

でも、私は短気だ。

間違いなく。

これ以上イライラさせるなーとか

とか思う。

いや口に出してまう。

ふう・・・。

駄目だこりゃ。

ホン読もう。

色塗ろう。

音楽聴こう。

水をいっぱい飲んで

涙でなく汗を流したい。

明日は穏やかに生きようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

シャングリラ

画像の整理をしてたら・・・

2

な、なつかしい・・・。これは、アクスピ幻の名作「シャングリラ・シャングリラー」の舞台写真じゃないかっ!!やりが怪しい侵入者で、ひろせがゴスロリで、ちかちゃんが宇宙人に連れ去れて、私は宇宙を愛する博士?どんだけぶっとんだ話やねん!てことなんだけど、実はここに写ってない晋平が一番危険な人物を演じていました・・・。

「シャングリラ」・・・どこにある。そしていつ辿り着くのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

家族 ~LAST SHOW~

長塚圭史の作演「LAST SHOW」を観る。

Last_show

正月、JESUSメンバーで新年会した時、Baku-の宣伝用映像を撮ってたそうで、そのまま、ごおくんも参加してくれて、本当はごおくんがナカジーに貸してくれようとしてたんだけど、ナカジーより先に私が借りる!と言い張って借りてきた1本。ひたすら強引な私を許せや男子。

DISC1とDISC2って、2枚に分かれてるんだけど・・・

なんで分けるんだよー!一気に見せてくれー!と声をあげたくなるくらい先を見たくなる作品でした。それくらいのめり込んでしまうというか、わたしが完全にのまれてしまってた。

グロいのとか駄目な人にはオススメできません。多分無理な箇所があります。衝撃的ですが、極めて演劇的作品。長塚圭史すごいよ。

そして私は泣きました。

家族というか「血」です。生きて流れて繋がっている血です。それをどう受け止め受け入れ、愛するか。

風間社夫圧巻。その目つき。その威圧感!その危なさ。なのにずっと水面下で熱い。これも、つかイズムか・・・。

ああ、これは絶対舞台で観たかったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

SideA・SideB

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」を読む。

Pm_cimg4093_2 帯に「評判どおりの仰天作。必ず二回読みたくなる小説などそうそうあるものじゃない。」と書いてある。えらい宣伝文句だなあ。と思いながら読み進む。最後まで読む。ううむ・・・なんてことはない普通の大学生が、学生から社会人になる頃特有の、ごく普通の恋愛ものじゃないか・・・。

・・・のはずだったんだけど!!けど!

はりゃりゃ~。やられたな。そうかそうか。だからSideAとSideBね・・。意味が分かって?というのかな、なるほど仕掛け?が分かってみると、これは一気に恋愛小説ではなくなる。ミステリーだよ。恐ろしい。ちょっとゾゾってなったわ。

でももしかしたら、別の見方をすれば、ちょっとでも幸せになりたい一生懸命な若者たち「恋愛」の形を表したやっぱり「恋愛小説」なのかもしれないなあ。こんな小説もあるんだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

密室

「キサラギ」を観る。

Photo 

つたの絡まるレンタル屋ではいつでもレンタル中という一本だ。まだ観てないよ~とぼやくと、知人が貸してくれたのだ。で、さっそく観てみる。

自殺したアイドルの一周忌に集まってきたファンサイトの男5人の密室劇。好きだなあ。こういう設定。いいキャスティングだ。全然お金のかかってなさそうな装置なんかも、かなりいい。会話による推理サスペンス。物語が進むにつれ、まさに犯人は誰だ!!的な展開になっていくのに、「ALWAYS三丁目の夕日」なども手がけている古沢良太原作・脚本だけあって、ヒューマンドラマになていくぅ・・・な、涙・・・と思いきや、最後の最後に全くいけてないアイドル映像と男たちのお馬鹿ダンスでその雰囲気をぶっとばす。ナイス!いいねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

哀切

久しぶりの宮部みゆき「火車」

Pm_cimg4094_2

平成10年に出版されたホンなんでもう11年前のホンです。

けど、古さは感じなかった。カード社会の犠牲ともいうべき凄惨な人生の女の物語。昨年からミステリーとか推理小説らしきものを読み漁ってましたが、宮部みゆきではこれが一番!とあげる人が多いらしく、なかなか読み応えのある一冊だった。カード社会の栄華とその蟻地獄のように嵌ってしまう暗黒の世界との表裏を表す社会派のミステリーですね。

社会的テーマを大きく描いてはいるけれど、そこに自分の過去を消し、他人になろうとしてなりきれなかった女の哀切が描かれている。女性作家らしい描写と切り口。面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

新春2009年 

新年おめでとうございます。

このブログを読んで下さっている方、石井テル子と携わってくださっている方、芝居を観に来てくださるお客様、旧年中は本当にお世話になり、ありがとうございました。多くの方の力添えで芝居をし、映画などにも出演させていただき、「演劇」という分野で生きています。今年も、今までつくってきたものを超える作品をつくれるよう、せいいっぱい頑張りたいと思います。

お知らせしておきます。

所属しております劇団アクスピですが、本日から活動を休止致します。無期限の活動休止になります。97年に旗揚げをし、旗揚げから東京の演劇フェスティバルに参加させていただいたり、精力的に活動してまいりました。その後、メンバーが変わったり少なくなったりしながらも11年年間続けてきましたが、2008年いっぱいをもって、主宰の堤俊樹が劇団より退くことになりました。旗揚げからいるメンバーはとうとう私だけとなり、堤から引き継いでアクスピとしての劇団活動を続けていくことも検討しましたが、自身のプロデュース公演を続けていくという方針もあり、劇団としての活動は休止とすることになりました。

これまで劇団アクスピを支えてくださったスタッフの方々、出演してくださった役者の皆さん、そして公演に足を運んでくださったお客様、アクスピに関わってくださった全ての方に心から感謝申し上げます。今まで本当に本当にありがとうございました。

次回、いつどんな形でアクスピとしての作品を発表できるかは分かりませんが、もし、そんな日がきたら、やはり「アクスピ」らしい作品をつくりたいと思っています。

劇団としての活動は休止しますが、個人としては、北川晋兵・浅倉サキは役者としてこれからも活動していきます。勿論私もこらからも、いい作品をつくれるよう、演劇人として精進していきたいと思っています。こらからもアクスピメンバーをどうぞ宜しくお願い致します。

2009年 元旦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »