« クロックン | トップページ | チョウさん »

2008年12月 3日 (水)

ワタリ

この芝居には大きな「架け橋」となる役割を果たす役者が必要だった。

物語を展開させるには、それを動かす原動力となる「力」がいる。アクスピとナマブンの合同公演で見つけてしまったのだ。そんな力を備えた俳優を。その名は泥谷将・・・。

W

泣く子も黙るおっしっこ俳優である。否、とにかく外さない、確実なテンポとリズムでシーンを引っ張る俳優である。そして大量の台詞も、台本をもらった瞬間覚えるという役者である。ワタリは、ハルの夢と現を知っている、その渡し舟のような位置にいる人。そして患者の痛みと等しく医者としての葛藤を抱えた人。そう、この物語でずっと一歩進みたいと願っていた人、そして進もうとして行動を起こした人。一歩踏み出す勇気と原動力とその責任を抱えた人。この物語のもう一人の主役です。

「セイ透明ハロー・セイ金色グッバイ」のテーマはたった一言で言ってしまうと「一歩前へ」である。いや、それでしかないのかもしれない。

この「一歩前へ」という台詞を言う人はワタリでした。ワタリでないと駄目だったのです。

ひじ~には実は石井テル子として本当に色んなとこで助けてもらってる。去年のギルギルにとても辛い思い出があるんですが、その一番しんどいシーンに立ち会ってくれたのも、ひじ~であり、今回、ISTが潰れた時に死にかけの私と一緒にブラックチェンバーにも行ってくれたのもひじ~でした。そして今回は、ダンスの振り付けもしてくれた。私がするよりも何倍も素晴らしい振りをつくってくれた。しかもものすごい短時間で・・。

あらゆる困難を「しんどいねん!」と怒鳴りながら、実はそれをクリアする為に影でめっちゃ頑張ってくれる人。本当に信頼できる役者なので「ワタリ」をやってもらいました。

ありがとう。ひじー。とてもおきゃんで、そして素晴らしい「医者」ワタリでした。

|

« クロックン | トップページ | チョウさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/25928401

この記事へのトラックバック一覧です: ワタリ:

« クロックン | トップページ | チョウさん »