« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月28日 (金)

クロックン

クロックンという役を作りました。

時計君です。そのままです。ハルという人物の時は小学2年生の冬の日の遊園地の閉館5分前で止まります。

この物語で最重要な要素であった「時間」。この象徴が「クロックン」これもまたハルの見ている幻覚の一部。寂しさに耐えられなかった少年の心が生み出した産物でした。

K_2

欠陥ロケットのもりたみえちゃんにやってもらいました。これもまた書いてる途中くらいから、だっちょがやったらきっと面白い、可愛いだろうな・・と思ったとたん、更にわくわくしながら書けました。

ハルの台詞に「あんな食いだおれ人形そのままだぴょ~んみたいな格好をして!」という台詞がありますが、まさにどのとおり、食いだおれ人形みたいになってくれました。でも本物よりめっちゃ可愛いのさ・・。

クロックンもBBと同じくずっとハルの傍にいたヒト。BBの父とは対照的に、クロックンは母でした。優しくおおらかでいつも笑っています。クロックンはハルの全てを赦し、受け入れ、包んでくれる存在でいてほしかった。でもいけないことはいけないときちんと言ってやる、そう、正に「母」だったのです。

だっちょとは2年前Baku-で共演しました。私が全身火傷という役で背中に火傷のあとをつくる為、たくさんのドウランを塗るという本番前の作業があったのですが、だっちょはいつも自分の用意をさっさと済ませ、私の背中に黒やら赤やらのドウランを何分もかけて塗ってくれました。本番前のぴりぴりした私の身体は実はだっちょのドウランマジックで癒されていたのでした・・・。そんな彼女ならクロックンをおおらかに優しくそしてちょっとコミカルにやってくれると思い出演依頼したところ、今回やってもらうことに。おかしく可愛くそしてちょっと切ないクロックンになってくれました。

切ないのはクロックンが「さあ」とハルに手を伸ばすシーン。劇中数回あるのですが、それはいずれも、「さあ、これから苦しいよ」という合図の「さあ」でした。でもクロックンはいずれも笑っているのです。クロックンにも覚悟があるのです。さあ、長い旅だよ。でも傍にいるよという決意の微笑みなのです。実は、普段のだっちょの微笑みは稽古場でも皆を癒してくれていました・・・。

そして、ラストシーンの「さあ」は出発の「さあ」。さよならの「さあ」、新しい一歩への「さあ」でした。私がこの物語で大事にしたかった一言「さあ」。台詞は短い程、難しい。

だっちょ、愛ある「さあ」をありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

BB

公演の写真をUp していきまする。

っていっても大概、拝借です。すみません。今回の作品「セイ透明ハロー・セイ金色グッバイ」でこの役者にこの役をやってもらうおう・・・と一番最初に決めたのが、たぶんこの役者。ず~ん!

★浅倉サキ★

Sn3c06051

なんてこった。う、美しいじゃないか・・・。いわずもがなアクスピの数少ない劇団員であり、且つ、そこらの女子じゃあ追随を許さぬ超ナイスバディ女優である。劇団員を褒めるのもどうかと思うが、こればかりは絶対的に素晴らしく褒めてあげたい彼女の武器であり長所なのです。

今回はBBという役。そしてほぼ全員からの「BBって一体何の略やねん!?」というつっこみに正々堂々と「ビューティ・ビューティ」ですよね?と即答するこの潔さ。まぬけさ。

正解は「ブラック・バタフライ」の略です。そう。今回のサキは蝶でした。といっても少年ハルが一人ぼっちになる瞬間、最後に一緒にいてくれた一匹の蝶の化身みたいなものであり、その先病気になったハルがずっと見続けることになる幻覚の一部でした。この蝶の美しさが一番似合うのはサキしかいませんでした。

とても難しい役でした。美しくそして軽やかに足音を立てるな。という駄目出しなのに、男性的に厳しく強くという駄目もたくさん出しました。ハルのいつもそばにいる存在で実はシンジのような厳しい父性を孕む役でいてほしかったのです。自分なりに悩み役と葛藤していました。やったことのやいような役をやらせましたが頑張ってくれました。本番、サキが強く「おい!」と叫び、厳しい表情でありながら内面には愛を持ってハルに接しているシーンは、私の中に強く残っています。

夏からこの大きな蝶をつくりはじめ、最初つくってきたものは私に「それ蛾やん!」と言われて凹みまくり、作り直し、更につくってきたら「小さすぎる!あんぽんたん!」とまたどやされ、作り直し、とうとう誰もが「蝶」とわかってくれるこの美しい羽根を完成させました。工作能力0の彼女からしたら、すごい大作、力作なのです。褒めてあげたいです。

サキ、この羽根がラストシーンで輝いていたのはあなたが輝いていたからですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★公演終わりました★

Micro To Macro#2公演

「セイ透明ハロー・セイ金色グッバイ」は無事終了しました。ご来場くださいました、たくさんの皆様、本当にありがとうございます。

心から感謝。御礼申し上げます。

全然写真を撮ってなかったので、ナカジーのブログから拝借。

67d7f7381_2 ラジオ体操~。

病院はこの体操から始まったのだ・・・。

Bf47ecf21 父ちゃん・母ちゃん・ハル

こんなに夕焼けの帰り道、綺麗な色やったんや・・・。

B0bd19f91 走れメロス!

この物語は、このメロスなくては進まない物語だったのです・・・。

66e949921 BBとクロックン。

ほんと誰?ですよね。私自身の分身でもありました。書いてる途中いろいろ・・・。

93fd0ce01 シンジ・・。

シンジの名前は「真実」のシンジ。決して空虚な妄想ではない真実。

50c7b28b1 ハルとハル。

私が生み出した二人で一人のヒト。もがくヒト。叫ぶヒト。どこかにたどり着きたいヒト。全登場人物が一歩前に進みたいのです。そしてこの人物が一番進みたかったのです。

こんなんでした。カメラマンの方から写真もらったらまた順次アップしていきます。公演準備中から、色んなことがありすぎて、またもや今回もいっぱいいっぱいの公演でした。ああ・・・どうしてこうなってしまうんだあ・・と嘆くことの方が多かった。

でも本番はやってきた。幕はあがった。そして幕は閉じられました。今はただ、出演してくれた皆、スタッフの方、協力してくれた全ての方に、そして当日この芝居を観てくださったお客様に心からの感謝を。

自分ひとりでなんか絶対できない。本当に皆、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

★Micro To Macro #2★

★★★公演情報★★★

♪ Micro To Macro #2 ♪
「セイ透明ハロー・セイ金色グッバイ」

予定会場が変更になりました!!
LOXODONTABLACK
(ロクソドンタブラック)です!!

★日時
2008年
11/22(土)20:00
11/23(日)15:00/19:30
11/24(月)13:00/17:30

★料金
前売2,300円/当日2,500円

Micro11111

★Cast
コーディー 松村里美(TAKE IT EASY!) 泥谷将(鉛の文檎) 弘世純子 川野えな 白井宏幸(劇団暇だけどステキ) 今吉圭三太(劇団転がる石) もりたみえ(欠陥ロケット) 浅倉サキ(劇団アクスピ) 五馬さとし(劇団ひこひこ) 石井テル子

★チケット予約メール
Micro To Macro e-mailへお願い致します。
⇒ microtomacro_jesus@yahoo.co.jp
御名前、希望観劇日時、枚数、連絡先(返信用)アドレスを明記の上、
送信してください。

★問合せ
Micro To Macro 公式WEB 
http://jesusenter.xxxxxxxx.jp/microtomacro.html

JESUS ENTERTAINMENT 公式WEB
http://jesusenter.xxxxxxxx.jp/

生演奏と生歌と生?ダンスありの目くるめくエンターテイメント芝居!・・・かと思いきや、小学生の少年の物語と、とある病院で起こる二つの物語が見れるよシステム。でもオムニバスではありません!2つの物語は同時に進行します!ええ~?どういうこっちゃい??と思った方は是非、ロクソドンタへお越し頂き、この物語の結末を見届けてください★いえ、見逃さないでください★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

★初日

あけました!満席でした!

あ、ありがとうございます!

Pm_cimg3962

ダンスダンス・ダンス!!

Pm_cimg4005

もっとやれる。もっと進化する。今より1歩前へ、

明日は 15:00/19:30 です。来てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

仕込み★

仕込み★
今日から仕込みです!こんなん出来てきてます!
凄いです!

皆さん観に来て下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

◆重要!-IST零番舘閉館と会場変更のお知らせ◆

MicroToMacro#2の公演会場を予定しておりました
-IST零番舘閉館は、経営困難の為、10/20で閉館となりました。

突然の発表で、-ISTフェスティバル参加劇団やその他、-ISTに関係したいた方々にとっては大変衝撃的な結果となりました。

公演
「セイ透明ハロー・セイ金色グッバイ」は劇場を変更し、

LOXODONTABLACK
(ロクソドンタブラック)で上演致します。

公演を頼みしみにしていて下さっていた皆様には
劇場の変更に伴い、情報に混乱を招く結果となってしまい、
本当に申し訳ございません。お詫び申し上げます。

【詳細】
◆公演会場変更 ⇒ ロクソドンタブラック
◆その他、日程・開演時間については変更なし

このような急遽困難な事態となりましたが、これを乗り越え、劇場を変えても必ずよい作品をつくれるよう、役者・スタッフ全員で全力を尽くす所存です。どうぞこの公演を見届けてくださいますよう心から御願い申し上げます。

MicroToMacro 代表 石井テル子

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

蝶の様に舞ってごらん

今日も「セイハロ」の稽古です。とうとう10日後には初日です!

うひょ~★お、恐ろしい・・・。そんな緊張感高まる日程になってきまたのよ。そんな中、今日はダンス・スーパー強化日です。

Pm_cimg3936

スーパー振り付け師:は、ひじ~。皆の振りを鋭い(時にそれはチンピラ風ともいう)目つきでチェック!

Pm_cimg3935 ゴマくんとさっちゃん。た、楽しそうだ・・。そして劇中のこの二人の関係は果たしてどないなってるのでしょう・・うっしっし・・・。

Pm_cimg3933_2 この振り・・・。んん・・なんだか、カッコイイじゃないか!ひじ~やるじゃないか!そして皆もステキなのです。

全員汗掻きまくってます。まるで蝶が舞い踊るかのような軽やかなステップです。嘘です!

でもでも、いいのです。とてもいいのです。皆、見るべし!くるべし!

11/22~24 @ロクソドンタブラックだべ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

通して通して

気がつけば10日前です。皆さんに「セイハロ」がお届けできる日まであと10日!この10日であと、何ができるか・・必死で、ない頭で考え中、ありったけの魂でもがき中・・・そんな本日の通し稽古。2時間は切ってるけど・・・やはり長い。

ここんとこ、後半を詰めてたんで前半がなんとも間延び。見せたいことが見せれてなくズレが生じています。要修正。そして粗がまだまだあって・・明日からはもっともっと細かいとこを詰めていかねば・・・。

そんな今日の稽古場には、照明の牟田さんと音響の横田さんが揃ってきてくださいました。そして、撮影の為、ナカジー監督と西野くんも来てくれました。あの狭い稽古場にすごい人口密度でした。本番前の匂いになってきました。

制作のたけなかくんも今日は来てくれたよ。当日会場にくればこんなかわいい女子に会えるのだ。皆、くるべし!くるべし!

Pm_cimg3924

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

怪しい人たち

今日も「セイハロ」の稽古です。

今日も稽古場には、これでもかというくらいの風邪ウィルスが飛び交いまくり。風邪をひいてない元気メンバーも全員マスク着用で稽古。真剣な台詞もみな、マスク顔です。

真剣なだけに実におかしい・・・。いや、この努力が必要なのです。この寒さや空気の悪さから自分の身を守るのは、自分の努力からでしかないのだよ!

Pm_cimg3915 で、これは何だ??圭三太さんの影からめっちゃ嬉しそうな目だけ出してるのはサキです。おいおい!笑ってる場合じゃないわよ!サキ!

今日のダンス、あれは一体・・・。あっ!!と、みなまで言うまい・・・。本番当日、来場された皆様もれなく、浅倉サキの絶品ダンスが見れます。サキのダンスですよ!ダンス!こりゃ大変な歴史的シーンを観る気持ちで見てくださいな!

本番は11/22~24 @ロクソドンタブラック!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

ひじロック★風邪アタック★

今日も「セイハロ」の稽古です。そうです時間がないのです!日々稽古あるのみ!

しかし、なんとも稽古場では病人が続出!風邪&風邪ON風邪OR風邪といった具合に風邪菌の強烈アタックにやられ、ひじー、圭三太、白井くん以外は全員見事に咳コンコンで鼻水ずるるんです・・・。

大変だあ。一大事ですぜ・・・。この一番大事な時期に役者の体力が~~!どうか神様、10月にあなたはどっかへ行ってたじゃないですか!(10月ってのは神無月っていうんだわさな)特に10/20あたりに!!だから、どうか今その分現れて、このミクロ圏に上陸した風邪菌を追い払っておくれよ。。。。と切に願うばかりです。みな、健康管理は自己管理です。一刻も早く元気になっておくれ。

んが、そんな中、今日はザ・ダンスの特訓が!世界に名を轟かす鬼の振り付け師(でもあだ名は「おしっこ俳優」)泥谷将が、とうとう立ち上がる!

Sn360151 立ち止まっまま動けない圭三太氏・・・。

Sn360152 真剣なヒロセとは裏腹にポーズだけ決まっているザ・信号ギャルズのだっちょ、さっちゃん、サキ。この3人が並ぶ3レンジャーの姿は劇中でも実はめちゃくちゃ大事な姿なのです・・・。

Pm_cimg3810 みなの振り付けをした後、ほっと一息、さわやかひじー。

でも振りの中には「ひじロック」と言われる、(要は「氷室京介」の「ひむロック」のパクリんぐしシステム)ダンサブルな振りがあるのですが、このあたりがこのダンスで一番かっこいい箇所ではないかと、今日私は見てて思いました★ナマブンさんでも振り付けをしているひじー。流石でやんす。

よし!明日も昼から夜まで長丁場!風邪菌にまけず頑張るのよ!ミクロの戦士たち!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

霜月

今日から11月です。

暫く日記更新できていませんでした。体調も崩してて、結構ヘロヘロなテルです。

11月です。霜月ですよ。そりゃ霜も降りますね。寒くなってきました。とうとう今月公演です。10/22~24まで 阿倍野から1分のLOXODONTABLACK(ロクソドンタブラック)という会場でミクロの公演をします。

IST閉館という衝撃の10/20から、はっきり言って生き地獄です。役者のみんなは勿論、スタッフの皆さん、特に舞台美術の西本さんは位置からプランのやりなおしという酷い大迷惑をかけてしまいました。それでも一生懸命やってくださっています。舞監のおっかまんにも奔走してもらっています。JESUSのみんなは刷り直しのフライヤーができるまで使う訂正フライヤーにシール貼ったりする作業も何時間も何時間もやってくれました。

おっかまんはISTで上演予定だった劇団を調べたり、色んな連絡してくれたりこのIST閉館の事態にとても時間を費やしています。参加予定の劇団のその後の予定を自分のブログとかで発表もしてくれています。firingeでも、いち早く情報を流してくれていました。そして、何よりも情報に混乱を招いてしまったお客様、本当にご心配、ご迷惑をかけてしまいました。申し訳ありません。

たくさんの方に迷惑をかけています。お金もかかっています。返してほしいです。仲間やお客様への信頼もなくしてしまったのでは、、と思います。辛いです。疲労と心労で体調も崩しました。でも私が一番返してほしいのは「時間」です。

お金も体調も時間をかければなんとか元に戻せる可能性はあると思います。でも時間だけは返ってきません。公演前のこの時期に絶対しておきかったことができなくなり、本当に苦しいです。延期も勿論考えましたが、劇団ではないプロデュース公演であり、出演してくれる皆の今後の動向を考慮すると、延期なら来年の6月以降にしかできないという事態。事実上、中止です。ならば今やる!と思ったのです。でも本当に大変です。私は何よりも時間を返してほしいです。

しかし!今日も稽古です。頑張ります!この無残に切り刻まれた少ない時間をどれだけ価値のある時間にするか!頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »