« 久々の | トップページ | 8月の君 »

2008年8月 3日 (日)

タラン

ティーノ 「パルプフィクション」

何回観たやろ・・・と思いながら、またまた鑑賞。

Photo

タランティーノは、もともと映画オタクでビデオ屋さんでバイトとかしてたという人物。自分の好きなもの、やりたいことをふんだんに盛り込んでいる。。という作品なんだろうなと思う。そしてこの作品の魅力は、脚本力だ。

豪華キャストということもあるけど、登場人物のキャラが全員ほんとにいい。ユマ・サーマンの吹っ飛びシーンとか、ちょっと太ってるトラボルタのステップとか、ほんとに細部がいいのです。この二人がいくレストランの内容がまたいい。ブルースウィルスの日本刀シーンとかもね。面白い。

|

« 久々の | トップページ | 8月の君 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の書き方 | 2012年12月10日 (月) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/22766237

この記事へのトラックバック一覧です: タラン:

« 久々の | トップページ | 8月の君 »