« 茶透明の | トップページ | 人いきれの中 »

2008年7月12日 (土)

恋愛の

Shibaiya遊歩堂さんのお芝居を観る。

「なみだ川 もどり橋」@in→dependent theatre 1st

お話の内容を書こうとすると、なんだか全部ネタばれになってしまいそうなので、か、書けない・・・。

でも凄くびっくりしたのは、次のMicroの公演でしようと書き始めていたホンに似ていたということです。テーマは全然違うんですが、用いたいアイテムとか設定とかが、あらら・・と思うくらい似ていました。

・・・・。

・・・・・。

・・・・・・・。

いや、これはこれで置いておいて、観てきたお芝居ですが、愛のお話でした。作者の「恋愛観」が凄く出ていたと思います。(違ってたらすみません・・・)

一生懸命好きであればある程、上手くいかないことがある。これは恋愛に限らずだけど。

皆さん大人な素敵な芝居でした。

愛とか恋とかなんてどうだっていいと思えれば楽だ。でも絶対どうだっていい・・・とは、ならんのね・・・・。好きなものは好きなのだ、仕方がない。なんかそんなことを思いながらの帰り道は、テーマソング的に繰り返し流れる曲があったんですが、それがずっと流れてたなあ。

|

« 茶透明の | トップページ | 人いきれの中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/22258050

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛の:

« 茶透明の | トップページ | 人いきれの中 »