« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

ロック

今日も天使~の稽古です。今日は風邪のせいか、シンドイリ~が全面に出てしまいました。すみません。

ああ、こんなダメな私を誰かしばき倒してください。嗚呼、しかし喉が痛い・・。潤いたい。ああ、ジューシープリーズ。ビューティプリーズ。役的にもうちょっと体重を落とした方がよさそうです。頑張ります。

Pm_cimg3174

ちょっと前の稽古場で撮った写真です。「天使」にはロックンローラーが出てきます。で、私はそのロックンローラーをものすご~愛してる役です。しかし、エアーギターって!・・・かっこわる!と思ってこの画像を見せたら・・・

Pm_cimg3173

おお~!俺らかっこええんちゃうん!と、この二人。コーディーと堀くん。しかも堀くん、天使やし!全然ロッカーの役じゃないし!・・・ということで、ロックンローラーは誰だ!正解はコーディーでした。ちなみに劇中、こんなシーンは一切ありませんのだ。

ロックな人が好きな気持ちは分かるような気がするのだ。システムにハマりたくないのだ。いやハマれないのだ。だから壊すのか。アホである。そして魂が叫んでいるのある。キツイのだ。優しいのだ。

今日もロックを聴いて眠ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

映画祭りの日

今日は、雨で撮影が中止。が~ん!!!出会い系忍者2の完成は一体いつに・・!

そして、昼からロケハンになりました。このいきさつはJESUSの社長と呼ばれている人物の罪なき罪のためなのですが、いや~社長らしいかぎりです。

さて、次回作「己が魂の為に」ではどんな場所が出てくるでしょう。諸事情で実はここ数日写真がUPできません。か、かなしい・・・。

ロケハンの後は、昨日から引き続き、プラネットの映画祭へ。最後らへんのプログラムから観ましたが、昨日から思ってたんですが、クオリティの高い作品が多いです。特に個々の映画、役者さんがいいです。ハマってるし、素敵です。作品的にもほんと色んなジャンルがあるんですが、監督の「これやりたい~」が感じれるものが多かったのではないかと思います。

打ち上げにも参加させてもらったのですが、皆さん個性的でした。演劇界とはまたひとあじ違った奇人変人たちばかりです。陽気な人が多かったですね。今日はずっと映画のこと話したり語ったりしてました。最後らへんに、この映画祭の応募作品300本を全てみられた審査委員長みたいな方と話できたのはよかった。何を観るか、基準とすること、を伺いました。映画祭によってその視点はまた変わってくるのかもしれませんが、たくさん感じることはありました。はう・・・。映画は楽しいですな。

そして、今日、気がつきましたが、もの凄く風邪をひいています。のどが痛くてぼーとします。寝るとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハースケ

今日は丸一日、忙しい日でした。

プラネットでやっているショートフィルムフェシティバルでJESUSの作品が上映!監督と出演していた私と今~も舞台挨拶があるということで、行ってきました。1分でシュールシュールですが、舞台挨拶もシュールシュールでいこう!としましたが、会場は凍り付いてしまいました。ザス!

29196391_108s1

そのあと、ダッシュで稽古場へ。今日は牟田さんがいなかったので、役者であわせたり、シーンについて、役について、またまたディスカッション。考えれば考えるほど難しい・・・考えすぎるな!感じろ!でいこうかとも思うが。語っていくうちに、ちょっとでも役に近づいていけるような・・・そんな気もします。でも近づいたと思ったらまた離れていくんだろうな・・。そしたらまた近づいてやろうと思う。今の私の最大のテーマは「愛」ですよ。「愛」。大きいのだ。偉大なのだ。深いのだ。苦しいのだ。幸せなのだ。

そのあと、なんと遅刻しておきながら、早退するというあるまじき行為をしでかし、今日しか集合できないという劇団会議!ぬお~!!!めっちゃ久しぶりに集合の劇団員です。アクスピの次回公演は6月です。詳細、またUPしまする。堤さんが、「原点」に帰るそうです。そんな作品をする予定です。てなわけで12:00前に解散!終電!

いっぱい移動して全部中身が濃くて、ちょっと身もココロもいっぱいです。明日撮影で早起きです。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

ピエロ

またまた伊坂幸太郎を読む。「重力ピエロ」

「泣き顔のピエロは陽気なステップを踏む。」「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきだんだよ」

はたと読み直す一行。

Pm_cimg3205

登場人物が魅力的である。春(ハル)という弟と、なんの能力もない(とされている)父親。強き母。それを語る僕、兄。もしこの話を舞台でするなら、この何のとりえもない父親役をめっちゃ素敵に演じてくれる人が最重要かなとか思う。

兄と弟の兄弟の物語で、その両親を含めた家族の物語で、犯人を捜すけど、全くミステリーではなく、「人物」と一個の強い信念を描いた小説。

「山椒魚は悲しんだ」

「メロスは激怒した」

この冒頭がずっと残る。遺伝子とか人物の歴史だとか絵画だとかいっぱい難しげなことで繋がっていく物語で。でも言いたかったのは、そんなものを全部飛び越えたもの、昇華されたその先にあるもの。だからピエロには重力なんかどうだっていいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

リハリハ

今日は、明後日撮影の「出会い系忍者2」のリハ。

前回撮影から1ヶ月くらい空いてしまいましたが、いよいよ明後日、残り半分の撮影。前回のテンションと勢いとパワー(そんなんばっかりかい!)を落とさないよう、もう一回最終リハリハです。

出会い系忍者は基本コメディですが、タイミングを外せないとか一瞬の表情とか、実は求められることがたくさんある作品で、役者も稽古稽古稽古。てなわけで明後日の日曜はどうか晴れてください!

Pm_cimg3206

そして、今日はJESUS次回の長編、「己が魂の為に」の台本前半あたりをもらいました。西野くんとアビが主演ですよ~。私の役は・・・え~っと、できた作品みてくださいってことで。でこもたけちゃんも出てるんで、出会い系忍者を観て「己~」も観たら、同じ役者の全然違う役が観れて5倍は楽しめるのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

もつ

気分はジャバダバなテルです。グレープフルーツ大好きです。

Pm_cimg3200

今日は今む~が実家へ戻っているので、浅田さん一人メイトレッスン。今日の課題は、基礎中の基礎の徹底稽古をまずすること!てなわけで、最初は複式呼吸の練習から。

見事にできね~浅田さんではあったが、勘は悪くない。訓練あるのみだっ!そのあとは外郎売。頑張って随分覚えてきていた浅田さん。でも覚えているのを諳んじようとするのだけでまだまだ精一杯。これは、外郎を売っているという人の「芝居」なのね。発声カツ舌の訓練教材ではあるが、これをきちんとした「芝居」にするのだ。頑張るのよ、あさっち。

そして、最後は、一人台詞。同じ台詞でも根底の想いが変わるだけでこんなに変わるという現象を体感。なるほど。。が1個でもあればいい。今は。ここから自分がどう努力するかです。稽古場まで、どんな気持ちをモツかです。モッテいたかですよ。

稽古終わりは久しぶりにご飯を食べに行く。ナカジー・石井は、モツ星人ホルモン民族なので、かつてモツ鍋を食べたことがないというジーザスにはあるまじき浅田さんをつれて、野田じゃあウマイぜのもつ鍋屋へ。

Pm_cimg3204

鍋で煮える前の生モツを「先に生でも食べるもんなんやで」という中島・石井の嘘を信じ込み、生モツを危うく食してしまいそうになった浅田さん。目がいってしまってます・・。ご、ごめんね。

Pm_cimg3203

モツが煮えるまで待っていられず、寄り目効果で早く煮えたぎらせようとするナカジー氏。効果はまるで無しでした。

とても美味しくコラーゲン摂取。しかし食べすぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★宣伝★

Planet Short Film Festival 2008

3/29(土)、3/30(日)

@森之宮プラネットステーション

ここで、JESUS FILMのショートムービー 「初対面における優位性確保の重要性」の上映が決定しました。お時間のある方、是非に。1分の作品です。上映は、29日(土)の15時過ぎくらいの予定です。

041791b21

私はこんな変顔してますが、Jメイトの今む~も出演。ナカジー監督の舞台挨拶もあるとかういう噂ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

南から東へ

今日も稽古De稽古。今日はたけなかくんも来てくれたぞよ。

前半は、先日ついたばかりダンスの振りを、振り付けの日にお休みだった南ちゃんへ伝授。しかし、なんと、テル、アビ、堀くんと振りうつしする側が踊れないチーム代表格が3人というジーザス展開・・・。辛うじてひじーがいたからよかったものの・・・。

さっそく南ちゃんに振り付け。ワンツー・スリーホー!教える側のカウントが適当だぜ。そこで南ちゃんから質問が。皆さんの動きが全員違います。手のひらはどっちですか。かかとはつけるんですか?

南ちゃんから浴びせられる的確な質問に

ほり:「え~と、ここで大事なのは泳いでる感じが出ていることです!」

あび:「ここは、揃ってなくていいんですよぉ!」

テル:「それぞれのキャラが出ていれば、それでオールOKだ!」

南:「・・・・。」

とうとうひじーが、「俺のんだけ見て覚えて」とさりげない一言。いやさりげないかどうかはわからんが・・・。そんなひじーも私たちよりずっと後から振りを覚えたはずなのに・・・。音入れ2回目にしてもう既に南ちゃんの方が素敵に踊れていることが判明。

お、教えるんじゃなかった・・・と後悔だらけの、ほ、あ、テ。はシュン太郎・・・。

Pm_cimg3195

帰りは電車で、南ちゃんとウルトラセブンのおまけ付きコーヒーを飲んで、芝居の内容について熱く語りながら帰ってきました。南ちゃんもとてもとても芝居に熱い人なのでした。稽古でちょっと北へ向かい、帰りは南下。そのあといつも東向きな人があまりいなかったんだけど、今回は南ちゃんがいて東向きチームもいて嬉しいのだ。

おまけはウルトラセブンの●●中~というストラップ。

Pm_cimg3199

私のストラップはウルトラセブン溶接中~でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

cante の袋のヒトはモーレツおもろい顔してる。

Pm_cimg3193

よくみたらヒトじゃないね。そしてもっとよく見ると・・おや、羽が生えてるね。この前もらった外国のお土産も天使の羽でした。

私の周りには、いっぱい羽の生えたヒト的なかたちのものが・・・。パタパタだぜ。おっかさん。

「天使は瞳を閉じて」本番は 4/25~27 @シアトリカル應典院。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘビー

ローテーションなわけさ。

Pm_cimg3156

ちゅきちゅき。

って言う人、ほんとにいるのね・・。よし、私も誰かに言ってみよう。そしてドン引きされてみよう。もし引かない人がいたらその人と結婚しよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壊れていない部分

「僕のなかの壊れていない部分」

Pm_cimg3108

白石一文はデビュー作「一瞬の光」がよかったのさ。これは私にはちょっと・・・かな。でもこんな人間がいて・・・って私がホン書くのに考えていたことと、実に同じような設定の主人公が現れてびっくりした。人って同じようなこと考えるのね。それが壊れている部分なのか、そうじゃないのかは別。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

春パン

帰りの新幹線。

東京駅の大丸の中のパン屋さんで買った「春パン」

Pm_cimg3185

よもぎに本物の桜がついてるのだ。で、割ってみると、

Pm_cimg3186

さくら餅。まさに桜攻めの一品。表面のさくらのしょっぱさと中のおもちの甘さがよい感じでした。

食べ物までが春めいてますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から

今から

東京へ行ってきますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

昨日の満月。

Pm_cimg3181

美しかね~。

と、母親の天草弁がたまにうつる。綺麗すぎて思わず立ち止まって見上げてしまった夜空。満ちてるね。満ち満ちだね~。

ただいま「満ちたる幸せ」模索中。役の上で必要必要。斉藤和義は歌ってる。「幸せのその日に人はなぜ震えて泣くう」優しい歌詞だに。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

踊れ踊れ

今日も「天使」たちは稽古。@摂津へとんでふれあうのよ。

今日はダンス集中稽古日。そうダンスダンスダンス!なんだわよ。

今回のこの芝居のダンスの振り付けをしてくれるのは・・・

Pm_cimg3170

じゃ~ん!IMOちゃんです。初めてお会いした時から人目ぼれです。とっても素敵な方です。踊れない率高い今回のメンバーたちの今日の初日の稽古でも実に優しく、厳しく、的確に教えてくれるのです。そして何よりもめっちゃIMOちゃんが楽しんでくれている。素敵です★

そんなダンスシーンをちら見せ。

Pm_cimg3176_2 ぐるりん・・・

Pm_cimg3177 シャキーン!

とか、そんな単語が飛びまくり。

そして、ひじーは完璧な笑顔でした。・・・なんてこった。白井くんはツーステップが踏めませんでした。ラリホ~。そして私は、ピーヒャララ~・・・。

しかし、ダンスダンスダンス!始ったばかりだけど、1箇所はもう最後まで振りがついたでよ。頑張れ私。頑張れ天使たち!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

宮城野

マリンさんのプロデュース公演「宮城野」を観る。@ロクソ

二人芝居ですよ。ガチンコですよ。そして愛しい想いのお話でした・・・。1年前から準備をし、お稽古を半年かけたっていう、マリンさんの渾身の作品です。そして、JESUSのキングオブ変態カエル吉田智道が相手役だぜ!

Pm_cimg3169

お互いの感情がぶつかり合い、めさめさ絡み合ってました。汚いものも恥ずかしいものも全部さらけだして、そして、残ったのは「愛しい愛しいという心」です。そう、戀(恋)ですよ。何箇所もぐぐっとくる箇所がありましたが、(ネタばれです)ラストに窓を開けて叫ぶ宮城野は、心から人を愛する女であり・・・。マリンさんとっても素敵でした・・・。私も次回作で、なんとも人を果てしなく好きだ・・・てな役のようなので、とてもいっぱい刺激をもらってきました。

Pm_

そして、終演直後のよっし~。なんてこった。さ、さわやかだぜ・・・。矢太郎という役。久しぶりに熱く、人間くさいよっし~を観ました。燃え尽きたジョーみたいになってますが・・ちょっとほっとした顔してますね。でも初日あけたばかり。楽日まで駆け抜けてくれい!

藍田マリンプロデュース Yellow LOVE Marine

「宮城野」  日曜までやってます!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あべの

Pm_sn3601091

今から、よっし〜とマリリンの二人芝居、観てきますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

見る

今日も天使たちの稽古なのさ@摂津へはいつとんだのさ。

今日はお昼の時間帯は人の集まりが少なかったので、堀くんとアビの猛特訓?でした。二人だけの長い掛け合いシーンがあるんだけど、二人の最大の敵は標準語。

二人とも半端じゃないなまりっぷり。アビは大阪弁じゃない芝居は、したことがないみたいなんで、今回頑張るしかないのねん。でも堀くんは標準語の芝居をずっとしているはずなんだけど・・・。しかも大阪弁でなまってしまうならまだしても、何弁かわからない、決してここら辺ではないどこかの人になってますね。ずば抜けて面白いイントネーション。その変なイントネーションを喋らせたら敵なしの才能に嫉妬しそうです。

でも本番は標準語だから★頑張るのよ二人とも。

あとは、自分以外の二人がが絡んでいるのじ~っと見てみた。すごい客観的に見てみると、あれ?なんで?と思うことが感じれたり、または、なるほどなるほど・・と自分の中に落ちていくところもあり、そして、これがあればいいのに・・というものがうっすら感じれたり・・・。じっと見る。うん大事なことだに。

Pm_cimg3168_2 Pm_cimg3167

フライヤー拡大。これが隙間なくひっついててポストカードサイズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

幸せ

今日も「天使~」たちは稽古&稽古@摂津へとんだのさ。

今日は、な、なんと、通し稽古!うひょ~。と言っても、ほんとにまだアラ通しだけど、でも通しは通し。

今日はとにかく台詞とか段取りとかの確認。そして自分の役の気持ちの流れの確認。で、時間もまだまだかかってるし、最後まではできなかったんですが、私のする役が役として最後に台詞を言うシーンまではやったわけです。

なんだかめいいっぱいだけで終わってしまったんですが、自分でもシーン毎どうしていいかまだまだ迷ってて、特に最後のシーンは様々に考えてしまうんですが・・。

今日、む~演出から言われた一言は「幸せなんだよ・・・」。

へっ?って感じだった。全然幸せな気持ちなんかでやってなかった私。。。本当によくよく考えfてみると、ジーンと響く言葉「幸せ」でした。なんか役全部の壮大なヒントを与えてもらった気持ちです。物語の冒頭、確かに大好きな人が「幸せ」な歌を唄ってくれるところから物語は始ります。なんか、そうか・・・重たい扉をやっと押せる力が沸いてきたような・・・押して開けれるかは自分次第ですが。なんだかそんな通しでした。

Pm_cimg3166

んでね、今日、フライヤーができたでよ。おや、天使がいるね。いっぱい色んな遠くの人にまで届け。あと5週間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

新しい

台本もありの今日のメイトレッスン。

Pm_pm_cimg3161

今む~は外郎売を全部覚えてきてたね~。やるねえ~。そしてNEW二人芝居台本。分かりやすいが、見せかたが色々できる台本。何を見せるのか残すのか。さあ、いっぱい考えよう。想像しよう。それが役者の仕事です。

Pm_pm_cimg3163

二人芝居台本を稽古しまくって、皆様の前でお披露目するとか・・・。うし!いいもんにするぜい。

そんな気合とはうらはらに、写真を撮るとなると絶対にちょけるシステム稼動のジーザスメンバーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

打つ

今日も天使たちは稽古稽古稽古。@茨木とか。

今日は「二人」のシーンをずんずん稽古しました。私が今回一番絡むのは、なんでコーディーって呼ばれてるかは秘密だぜコーディー氏です。コーディーは、昨年、ギルギルに出演してもらったんですが、実は私とはほぼ絡みらしきものはなく、実際掛け合って芝居するのは、これが初めてみたいなもんです。

コーデーィとは「二人」でするシーンが数箇所あるのです。で、中でも、なんともこっ恥ずかしいシーンがありまする。たぶんコーディーも恥ずかしいので、余計に恥ずかしいわけですよ。

恥ずかしいということは実に心臓に悪い。自分の心臓の音が聞こえすぎる。どんだけドキドキ打ってんだあ、この心臓は~~って思う。本当はこれがお客様の心を打つシーンにならなきゃならんのだけど。

ちょっと考える。感じる。そうかこんなにドキドキするもんなんか。苦しいもんなんかあ。

っはうあ。。あと1ヶ月ちょい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

テール

ニットキャップシアターの「愛のテール」を観て来た。@HEP HALL。

Photo

実は、このニットキャップさんの作品のあらすじ漫画は、JESUSメンバーの大快さんが書いたものでした!受付にもその漫画は飾ってありました~!!

OMS戯曲賞受賞作ですね。愛のお話でした。愛と、愛らしきと呼ぶもの、そして愛のしっぽ。なるほどなあ。とまたまた色々感心してきました。素舞台?と思っていたら、一枚の白い布が、あらあら・・・と、様々な形態に変化。明かりの変化で見事に全く違う空間をつくっていく。役者さんも素敵な芝居でしたが、脚本の力と圧倒的な演出力を感じる作品でした。作、演のごまのはえさんの役者としての存在感もすごいのね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

二人と大勢

今日も天使の稽古です。@摂津富田あたり。

この作品の特徴といっていいのかな、私が面白いなと思う点のひとつは、二人っきりのシーンと大勢のシーンの連鎖になっている点。

二人ってのは、もちろん相手役と、もろ絡みまくってる訳で、とにかく相手をどれだけ信じれるかしかないのだ。何をやっても受け止めてくれるだろうし、何をしても受け止めようと・・・。で、今はまだまだつくっている途中段階なんで、色々してみる。難しい・・・が面白い。

Pm_cimg3128

Pm_cimg3130

面白い「二人組」がいっぱいですよ。私も二人シーンがずず~んとあります。大事なシーンでありまする・・・。

大勢のシーンもあって、この物語を語る風景みたいで、象徴みたいで、突き抜けた陽と、間逆の陰であり。1個1個がぎゅっと色んな意味の詰まった場面たちなのです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

二人

昨日、JESUSメイトの稽古。

今村・浅田両名が揃い、二人芝居の台本をする。二人の女の子の物語で、5分ほどのこのエチュードの中には表現しなければならないことがたくさん詰まっている、そして、感情の流れと、その大きな変化とか出せるようになっている実にいいテキストなのだ。

Pm_cimg3126

友情とか思いやりとか普段は、口に出したりすることや感じてしまうことすらどこか恥ずかしかったりする感情。でもそれはとても大事なことで、感じていること、そこにその気持ちがあるということそのものが大事なのである。芝居の中くらいいっぱい出せばいいのさ。人は、「恥」とは違う、「恥ずかしい」ものをいっぱい持っている方が愛しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

開く

諸々で、ちょいと名古屋へ行ってきました。

徳川美術館の中の徳川園で見つけたのだ。

Pm_cimg3120 「錦木(にしきぎ)」

枝にコルク質の羽がつく。天使の羽みたいに両翼を広げている。秋にはこれが見事なな紅葉になるそうな。内なる情熱。

そいでもって・・・

Pm_cimg3119 梅。

開く花びら。開く翼。開く季節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

今日も稽古です。天使たちは摂津富田に降り立ちました。

嗚呼、春なんだなぁと思う。あったかいもん。セーター着てたら汗かく。さてそろそろ重いコートを脱ぐのねん。

「天使は瞳を閉じて」というタイトルの作品なんですが、天使が開いた瞳で見つめていたのはどんな世界だったのでしょう。そして閉じて・・ってなんで閉じるんだろう・・・とまあ色々考えるわけです。

世の中には、見たくないものがいっぱいあります。そして、しっかり見なければならないものも。

天使のように優しく見守ってくれると凄くほっとしたり、見られていると思うだけで何もできなくなったり、とまあ、見ること、見られることは「人」の行動に少なからず影響を与えていますね。

でも物語は、見られていることを知らず動き出し、あふれ出す感情を吐き出す人間の物語。そして、じっと見守っている、天使たちの物語。

Pm_cimg3115

花粉症で瞳はカイカイのゴッドです。今回もゴッドとは絡みまくりしてぃがありませぬ・・・。共演しながらにして絡んでない率すげ~高いのです・・・。ゴッドの劇団Baku-団の公演が明日大正区でありますよ。平日のお昼間ですが、時間がある方は是非!白井くんやあびが出演してますよ。

公演情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

夢うつつ

「パプリカ」を観る。

Photo

物語を最後まで見ると、映像そのものが全部夢のよう。どこからが夢で、どこからが現実(うつつ)なのか分からなくなる。でもその展開は実に面白くて、90分あっという間に観れてしまった。特にパレードの風景は圧巻。通常は美人でクールなサイコセラピストであり、夢の中では明るい美少女の夢探検パプリカの二面性を林原めぐみさんが素晴らしく演じ分けている。ほえ~と思うところはいっぱいありました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

姿・形

今日の天使たちは高槻に降り立ち、稽古です。

羽をばたばたいわせながら、なんとかシーン毎の大まかな形と流れをつくっていきます。なかなか全員集合とはいかないんで、動きもつきにくいのですが、ちょっとずつです。どんな天使や人間たちが皆さんの前にその姿をみせることやら。

Pm_cimg3114  今日のむ~演出様。何事が思案中の様子・・・。

私、わけあって、体重を落とした方がよさそうなんですが、というのも劇団HだけどS的のかなり細い俳優の方に持ち上げてもらわないといけないんですが、どういうわけが凄くお腹が空いてしまい、毎日すっかりがっつり食べてます。今日も帰りに、皆でバーミヤンへ・・。あらら。こんな姿じゃ本番ダメダメなのね・・・。よし!気合だあ!!

Pm_cimg3117 100円やった。高槻の自販機は私に優しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

卒業

ピッコロ演劇学校・舞台美術学校合同卒業公演を観てきた。

「いつまでもチキチキバンバン」@ピッコロシアター

中学生の時に初めて、芝居を観てくれて、以降、劇団以外にも私が出演する芝居をずっと観てくれている少女Yちゃんが出演しておりまして、中学生だった彼女も今は大学生。美術部だった彼女が演劇部に入り、そしてこの演劇学校を卒業する。彼女の高校時代の演劇コンクールとか、自主公演、芝居することに真摯でそして一生懸命つっ走ってきた若い彼女を観てきた私としては、なんだか母親のような気持ちになって観てしまいました。

卒業公演ということもあり、これまで学んできたことの集大成のような公演なので、ひとりひとりの想いはひとしおだ。ミュージカルなんで、歌って踊って、衣装が何度も変わって、装置の転換もいっぱいあって・・・と、だんどりだけで目が回るんじゃないかと思うくらいの展開でしたが、物語のテーマ、役者全員の熱いものが伝わってきました。

歌って踊るという点では、私も4月公演で、そんなようなことをしなければならないので、なるほどなるほど・・と思いながら観て来ました。私もがんばらねばっ!とな。

そうか、卒業の季節なのね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

シロとクロ

鉄コン筋クリートを観る。

Photo

もう何年も前の漫画なのに凄いね。原作大好きで何回も読んだのね。

松本大洋はたぶんカラーより白黒が似合う。あの重苦しさは白黒がいい。でも宝町の懐かしい感じとかはカラーになってもすごく丁寧に作られていて、これはこれで凄いよと思った。

「クロの足りないネジはシロが全部持ってる」・・うるる。ラストは私的にはちと違うかなと・・・。クロが狂っていくあたりは良かったなあ。

人は一人じゃ生きれないのね。誰かが必要なのだ。そしてその誰かはたった一人でいいのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

World World World

世界はローリンローリン。

Pm_cimg3109_2

足りない心を満たしたくて駆け出す。

初めの一歩目で景色さえも消えるよぉ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

仏蘭西

朔太郎さんは言った。

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にいでてみん・・・。

私は実は19歳の時に一度、フランスに行ってまして。パリを闊歩し、観るもの全てに奇声をあげ、列車に揺られ風に吹かれ南の田舎町を旅し、帰りたくないなあとなぜか涙を流しました。働いて貯めた全財産で行ったんだけど、全くお金がなく、でも好奇心と野心だらけだった私には生涯忘れられない旅だったわけで・・・。

日本で仏料理を食べても、そんなフランスという国のことをちっとも思い出せないのが残念なんだけれど、今日は一緒に食べた方との話のせいか、ちょっと思い出したりしたのです。

Pm_cimg3101 トマトの中にはうさぎの肉。人生初。

Pm_cimg3102 ソース絶品。

Pm_cimg3104 世界一の肉。鴨。

今の私にとっては、あまりある贅沢なものばかりでした。話の途中でちょっと泣きそうになりました。大変お世話になっている方で、必ず恩返ししようと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

つくる・・変える

今日も稽古。「天使」は一体いつ瞳を開くのか。

今日は演出む~氏が現場でお休みなので、役者で自主練。ざざっと立ち位置とかだんどりとか確認しながら何がいいかどこらがいいか探っていくのだ。

このあたりの稽古って面白い。なんとでもなり、どんどん変えれる。こうしてああだ~こうだ~って模索している時って、まず面白い。で、気持ちと動きが一致して芝居になってくると今度は変えにくくなる。でもまたこれでいいのかと疑ってみる・・・。一回壊してみたりする。で、またつくる。

どれもつくりもんであり、でもどれも「真」に近づく為であり。

Pm_cimg3098

稽古帰りにどうしてもビールを買ってしまう役者がいます。この人です。そして今日は二人もそんな人が・・・。さて誰でしょう。正解はまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気

今日のモモさん。

Pm_cimg2985 やばい・・・。

睨んで且つ舌を出す。やる気や・・・。目据わり過ぎやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

役の名前・・ギル編

ギルギル~と皆さんに略称で呼んでもらい、親しみを持って頂いた(と勝手に思っておりました)作品の本当のタイトルは、「ギル・ギルティ/イノセンス」でした。

「ギル」という青年の物語を書こうと思いました。

残念ながら、この「ギル」とあと一人「ニア」という登場人物だけ神様の名前からつけませんでした。「ギル」は人間でした。この物語で唯一「罪」を犯した人間、犯罪者でした。

「ギル」は勿論「ギルティ」のギルであり「罪」という名の青年だったわけですが、この「人間」が「神」らしきものの力に導かれ己の「罪」を知る話にしたかった。ただ「神」は「神」であり、この物語のギル以外の人間は、結果「神様」のようにギルを助け、導きますが、決して本当の「神」ではなかったこと、「イノセンス」な純真無垢な人間であったこと、人の心を動かすのは「神様」ではなく「人間」だ。ただ、その人を想う気持ちが「神」に祈るように純粋であればよかった。

ギルは白井くんにやってもらいました。一緒にやろうと集まってくれたメンバーの中で、一番「背負っている重たいもの」を表現できると感じた役者です。そして、私の無理難題に一番応えてくれると信じた役者です。

ギルは決して楽しい役じゃないし、本当にしんどかったと思う。おまけに稽古がだんだん大詰めになればなるほど、精神的に追い詰められる役なのに、これまた一人で2ページ近くある膨大な長台詞を言わされ、なのにそのシーンの稽古もあまりできず、ほんとうにしんどかったね白井くん・・・。よくやってくれました。ありがとう。

こうして「ギル(=罪)」という「人間」が板の上に存在し、生きて、駆け抜けていったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

今日も稽古。「天使は瞳を閉じて」いるのだ。

Image545

この芝居には大事にせねばならんことが山ほどあって。その中でもかなり大事なもののひとつが「手」。私がする役には、大事な人と「手」を繋ぐシーンがあります。そして、それがどんな繋がれ方で、繋ぎ方で、そして、それは果たして離れていくのか離れないものなのか・・・・と、たぶんすごく大事なパーツが「手」なわけです。(と、私が勝手に思っているだけなんですが・・・)でも私の役だけでなく、おそらく全員がラストに向けてその「手」で何を掴もうとしていたのか、もがいていたのか・・・そんなのが見えればなぁ・・と思います。

そして今日は、稽古場に、Baku-団の宣伝美術なら俺に任せろ部部長(っていっても部員は一人)松枝くんが登場。きっと素敵なフライヤーができるのねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hina

3月3日である。

Pm_cimg3094

本物をいまさら出したら石井家では洒落にならんので、チロル京きなこの色違いをちょっと雛人形風に並べてみる。

・・・か、かわいい。嗚呼、桃の季節。一体春はいつくるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

今日はヒロセの芝居を観てきた。

Pm_ オバンポン創造社「叫楽」@KAVC

ヒロセはちょっと今までにないような役やっとったなあ。難しい役どころやったけど頑張っとった。あと、知ってるメンバーもたくさん出てて、それぞれ、かなりのはまり役。それぞれのええとこが出せてる芝居だったと思う。

野村さんのホンは、前作の時も思ったけど、とても人間的で、特に人間が変化すること、歳をとったり、時代が変わってしまったり、そこに生まれる寂しさとか惨めさとか、情けなさとか、だけど優しさとか、消えない情熱とか、なんかそういうもんんがぎゅ~と詰まった台本である。切ないのである。特に今回は、ノスタルジック三部作の三作目と謳っているだけに、そんな要素がつまった作品でした。あの裸踊りができるのに、帰りしなに「卒業写真」を聴いたら泣いてしまいそうになる・・・そんな作品をつくる野村さんの才能は、やはり凄い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

痛み

今日も「天使~」の稽古でした。

昨日の夜から頭が痛くて、今日朝起きたら、更に痛くて、おまけにそれ以外にも色んなところが痛くて、久しぶりにもう死神に魂を売ってやろうかと思ってしまいそうになるレベルでしが、頑張って起きてみました。とりあえず、何か胃に入れてから、セデスとバファリンを大量摂取してみました。・・・ちょっとましになりました。んで、稽古場に行きました。

「痛い」のは、今回の台本なんですけどね。ネタばれになりそうですが・・・。この「天使は瞳を閉じて」という戯曲には、人間と天使が出てきまして、色々な思惑やら、すれ違いやら、諸々あるのですが、皆に「痛み」があって、実に痛いのです。痛みの質もバラバラなんですが、でもなんだか、そのそれぞれの持つ「痛み」らしきものがきちんと理解できて、それがきちんと伝えられればなと思います。

やっていくとまた違ってくるかもしれないけど、今日はそんなこと思ったのでしたよ。また頭が痛いのねん・・。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »