« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

役の名前・・ブラフマ編 

ギルギルの中で、一番聡明であった人間がブラフマ。

罪であるのかないのかを論理的に語れる人物が絶対的に必要だった。私の陳腐な頭では「弁護士」しか思い浮かばなかった。で、若き熱き、でも堅苦しくなく、なんだか憎めない愛されるべきかなり人間的な人でいてほしかった。

ブラフマは、ヒンズー経の創造の神様ブラフマー。三最高神、ビシュヌ、シヴァ(ルドラ)、ブラフマー内のひとつ。ブラフマーは、創造の神様で、ブラフマン(梵)が人格化したものなんですが、これは「宇宙の原理」ってな意味でして、宇宙を創造した神とも言われています。

ブラフマが紐解いてゆく皆の事件の真相・・・。これが絶対的におかしい、罪ではないのだ・・というきっかけ、この「ギル・ギルティ/イノセンス」という物語の世界の扉を開く役割であり、この物語の中で直球で善悪の「善」は「善」、「悪」を「悪」なのだと、はっきり叫ぶ人でいてほしかった。

ブラフマはコーディにやってもらった。私の中で、出演者中、最も裁判シーンとかで朗々と語る冴えた弁護士のイメージがはまったのはコーディでした。実際のコーディは、台本の漢字がまるで読めなくて「許婚(いいなずけ)」を「きょこん」と読んでしまうレベルZな滑り出しでしが、本番のコーディは・・・・やる男でしたね~。聡明で、熱くて、でも可愛げのある実にいいブラフマになってくれました。コーディにやってもらって本当によかった・・と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★宣伝宣伝★

ヒロセの本番です!
みなさん、今週末はKAVCへ!!
劇団オパンポン創造社  
第十ニ回創造記念&KAVCチャレンジシアター参加作品 
 

[ 叫楽 ]
2008/2/29 (金)18:30 開場 19:00 開演
2008/3/1 (土)14:30 開場  15:00 開演
2008/3/1 (土)18:30 開場  19:00 開演
2008/3/2 (日)16:30 開場  17:00 開演
前売り:¥2,500  当日:¥3,000
見逃さないでね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

メイトでナイト

今日の夜は、監督邸でJメイトのレッスン。久しぶりの稽古です。

今日は、浅田さんがお休みで、今む~ひとりだったので、外郎売りの猛特訓。べたですね。しかし、基本中の基本。とにかく練習教材としては優れもんです。そりゃ演劇人は皆一度は声に出してきたであろうテキストですわね。

今む~はカツ舌がいい。リズムやテンポ、間という芝居に必須の基本感性を持ち合わせています。身内をほめるわけではありませんが、いいものはいい。事実です。私の今の使命は、こうしたメイトレッスン生達の感性をどう伸ばすか、上手く磨きをかけるかだと思っています。そして更には、今の彼女たちには無いものをどれだけ引き出せるか、彼女達がどれだけ自分の殻をやぶれるとこまで持っていってやれるかだと思います。

あと、一個、別台本もしたけど、これまた難しい教材。でもやれるはず。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

全員

今日も「天使~」の稽古です。

今日は、なんとキャストが全員揃いました!おお~。どのシーンも練習できるぜ~と、はしゃぐ演出む~氏。

やっぱり本キャスが揃ってやると違いますね。そうか、こんな人達で繰り広げられる物語なのか・・・と今日初めて絵だけ見えたわけです。でもやる人間の顔が分かっただけなんで、まだ輪郭だけですけどね。今からそれぞれがどんな人間になるのか、つくっていくのかスタートです。

ひこひこの南ちゃんが初めましてです。家が同じ東大阪住民でした!私と南ちゃんが果たしてどんな絡みになるのか、ここが実は、この芝居のかなりの見所でもあるような、ないような・・・ふふ。そんな秘密レモン味です。

稽古場写真全然撮れてません。次回こそ撮りまする!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

まっ

今日は、東京に行ってしまうまっさんを送る会。

まっさんには実にお世話になった私。Baku-や暇ステの公演の時も居てくれて、いっぱい世話になった。ギルギルの時には「手伝わせてください!」と自ら名乗り出てくれて、映像の撮影は勿論、それ以外のことも何でもしてくれた。まっさんの屈託のない笑顔を見ると、公演中、私はホントにほっとしてました・・。

Pm_cimg2926

なんと、写真を撮り損ねた・・・。なんで、年末一緒に撮った写真を貼っておく。後ろの紅白な人は間違いなくBGYさん。

ありがとう。まっさん。東京に行っても元気でな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

慟哭

今日も稽古、稽古。

この芝居で、どうも今の私には無理のあるシーンがある。実にやっていて頓珍漢な気分になる。 素になる、芝居にならない。全く集中力が出ない。

ふう・・・あかんなあ・・・と思う。久しぶりの丸出駄目子だね・・・。このままでは相手役に多大な迷惑をかけそうだ。

Pm_cimg3074_2 吠えよ。叫べよ。私。

人を愛する気持ちは春の天国であり、魂の慟哭である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

む~

今日は4月の公演の稽古でした。

おっと、よく考えてみると、公演の告知がまだでした。

4/25(金)~4/27(日)

「天使は瞳を閉じて」作・鴻上尚史 演出:牟田耕一郎 

@シアトリカル應典院

という公演をします。ママと初恋プロデュースです。ママと初恋って・・・。これには意味がありますが、また今度。

(JESUSの森くんのプロデュースする公演と全く同じ日になってしまいました。ごめんね。森っち。皆さん。上手に両方観てください!!)

鴻上作品をするのは、なんと初めてです。大勢の観客を魅了してきた作品と知られているだけに、プレッシャーも大。メンバーは、初めましての方もいるけど、今まで一緒にしたことのあるメンバーも大勢いるんで、思いっきり詰めたり、とことんぶつかってできたらなあと思う。とにかく今は中途半場なものは見せれないという気持ちでいっぱいです。

Pm_cimg3089 そして今日のむ~様。おお~。

まだ顔あわせにも来てなくて一回も読み合わせをしてない役者もいるのに、今日から荒立ち。そしてこの、かっとばしぶり!そうです。実は時間もあんまりないわけです。今日の稽古はサキ、泥谷。白井、石井とかっ飛ばし役者ばっかりだったので、更にかっとばし度はあがってましたね。

色々楽しみな公演になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

忍者たる者

今日は、出会い系忍者2の撮影でした。

朝7時集合で舞州まで行きました。今回から、撮影は川合さんというカメラマンの方が初参加!

寒さと突風の中、西野くんやコーディ、たけちゃん、アビの出演しているシーン1を途中まで撮影。しかし寒いっ!

前作の出会い系忍者1を観てくださった方は分かるかと思いますが、この作品は大変シュール度の高いものでして、更にそこに笑ってしまうという作風なんですが・・・。

今回も1を上回る激しいシュールさです。それに加え、汚さと変態度も超一級品ですね。昼からの撮影では・・・

Pm_cimg3082 こんなシーンが・・。車にへばりついて嘔吐する忍者石井です。

役者人生で一番残念な気持ちになりましたね・・・。撮影中、本番スタート!がかかってからは、本当はスタッフや出演していない役者は声を出してはいけないんですが、シーン中、監督が一人、声を出して笑っているっていう・・・。私は、中島監督に、だいたい年に2回くらいの割合で殺意を覚えるのですが、今回ほど強い殺意を覚えたことはなかったですね。しかし、ここは忍者たるもの、そんなことで、このへばりついてる手を放すわけにはいかないのです。正に「忍」の精神でした・・。

これで世界に広がる石井テル子ファンが10,832人減ったことは間違いなしです。今まで応援してくださった皆さん、さようなら。その代わり、JESUSの変態ファンは4人増えそうです。

途中から雨や雪が降ってきたので、最後まで撮れませんでした。残りは来月に持ち越しです。

Pm_cimg3085 べに子さん、長妻さん、機械蛙さんはスタッフとして初参加。色々気遣って下さってありがとうございます!そして社長は今日なんとハピバでした!

Pm_cimg3086 今む~、たけちゃん、音声の森重さん。

Photo 雪の中、この寒さの中、皆さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

激しく忍ぶ

今日は、明日撮影の出会い系忍者2の最終リハでした。

1の方でやった時のような新鮮さがなくなっている!という監督からのダメだしがあり、はたっと振り返ってみる私・・・。そうよ。明日はまるで初参加の気分でやらねばっ。そしてババーンと激しい忍びの女になってきます。どんなんやねん!1よりも面白いものになりますように。

明日晴れたらいいんだけど・・・。早起きせなばならんので今日はもう就寝でござる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役の名前・・チャック編 

ギルギルの話の中で、すごいすごい悪者をつくろうと思った。船に無理やり乗せられるのは本当は無罪の人間たちなので、必然的にその悪者は、罪人でない者、船長になる。これは一番最初から決めていた。

名前は、チャック。

まさにジョニーデップ演じるキャプテン・ジャック・スパロウのジャックをそのままパクリまくりシティですが、本当は「チャック」はマヤ神話の暴風雨の神「チャク」からとった名前でもあります。大きな牙を持ち、涙を流す神です。

悪いんですよ。酷いやつなんですよ。でも本当は涙を流してるんです。お話では、どれだけ伝わったか分かりませんが、ラストにチャックが操縦することにが私にとっては大事だったのです。

チャックは王子にやってもらいました。王子もこのチャックという役のキャラをとても的確につくってくれて、劇中の強いエッセンスとなってくれました。難しい役だったと思うのですが、いいチャックでした。

本当は服中、いたるところにチャックのついている衣装を着てもらう予定だったけど、夢叶わず・・・。再演ではきっと着て貰おうと思うのだ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

ACT

今日は、関西アクトリーグの開幕戦に行ってきました。

といっても、今日の立場は「審査員」。こんなへなちょこな私ですが、審査員にお招き頂き、審査をしてきました。4チーム出場してまして、梅田ユースケくんや、Baku-の俊ちゃんや洋平くんも出場。その他にも関西屈指の役者がこれだけ勢ぞろいしてるんで、アドリブ数分の芝居とはいっても、凄く見ごたえのあるものでした。

採点の基準やポイント的なものはあるのですが、そのあたりは置いておいて、今日思ったことは、人をひきつける魅力というものは凄く大切だということです。お芝居が上手い下手とかそういうポイントではなく、その人物の人間性が見えていること、役者の個性があふれていること、これは実に実に大事なことだと改めて感じました。勿論、今日優勝していたチームの役者さんは、みなさんめちゃ上手だし、文句なしだと思うのですが、それを上回る強烈なキャラ。それに誰もが引き込まれたのではないのでしょうか。そのキャラを瞬時に作れるというのも、役者の実力のうちなんだとは思いますが。

いい刺激をもらいました。久しぶりに ソエさん にも会えて嬉しかった~。ソエさんも関東アクトリーグで大活躍ですよ。

Pm_cimg3073 俊ちゃんとユースケ。二人は別チームになったようです。

終了後、審査員インタビューと言ってコメントしているのを撮ってくださったので、どこかで流れるのかしら。

次回の試合は、3/19ですよ。@amHALL

詳細は→http://www.actleague.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

今日は4月の舞台の稽古でした。

今日から遊歩堂の大澤さんも初参加!あとのメンバーは一緒にやったことのあるメンバーだったので、初めましての方がいると、また新鮮でドキドキしますな。そして、本日からBaku-団のゴッドこと石神氏も参加!Baku-の芝居では、ずっと絡めずのゴッド&石井なんです・・・。絡んでもほんのちょっぴりとか・・・。今回の作品では絡みまくることができるのかしら・・・。あ!ゴッドは明日ハピバですよ!!

で、今日の演出からのダメは、たぶん今回の芝居で私がする上でかなり、いや最もと言っていいくらい、大事なことを言われたわけで。とにかく、こう見せたいシーンでこうですよ~という芝居をしないこと。そうなのです。鉄則です。むしろ反対のことをしていることが大事なんですな。

ふう・・と思う。とにかくまだ台本を全然読めていないので、まずホンをしっかり読まなければ・・と今日はひしひしと強く思ったのでした。

生きていれば色々あるので、ドーンと落ちることも、またその反対もありますが、今日は、Gのつく人に「ならば明るい映画をみてみよう・・・」と提案してもらったので、よし、そうしてみようと思うのでした。ウッス。この私の倒れた頭を反り返してやろう・・と思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

★ハピバ★

今日は、浅倉サキの誕生日でした。うひょ~。おめでとう。

写真を貼ってみる。

Pm_cimg1364 アクスピのキューティハニーであり

Pm_cimg1464 妖怪人間ベラであり

Pm_cimg1409_2 そして私の癒しである。

ますます、ええ女になるのよ。おめでと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

忍者×兵士

今日は出会い系忍者2のリハでした。

キャスト全員揃いの日。カメラテストも兼ねて、リハリハ。

20080218205104

今む~も出るよ。私は酷い有様になるでよ。シーン中、二人ともこんな笑顔は全くないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

女度

って言葉なんかなかろうと思うのだが。

4月の芝居の稽古でした。この作品でする私の役は、かなり「女」な感じです。何をもって「女」とするのかその定義づけをするのもおかしいのですが、「女性的」という言葉があるなら、そんな要素がいっぱいありそうな女度の高い役です。

今まで一度も「女を捨てる」と言ったことはないのに、なぜか「テルさん男前ですわ・・」と言われ続け、劇団でもJESUSでも女扱いされないことには定評のある私でしたが、なんだか違うところでは、全く違う感じの役をやらせてもらうことが多いです。自分の中にないものを表現するのは難しい。でも、もし欠片でもあるのなら、それをどれだけ強く光らせることができるかは自分の努力しかないのだ。

女になりますわ。みんな、びっくりしないでね・・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

役の名前・・アスクレー編

ギルギルの物語の中で、とても大切なテーマのひとつであった「命」。

私は、一昨年、Baku-団の公演に参加させてもらいまして、その時に上演した「机上・キラー・魔神スイッチ」(作:ごおくん 演出:マスク氏)という作品に、凄く大きな影響を受けました。この作品を見てもらった人は分かかと思うのですが、犯罪について、私なりにですが、本を読んだり色々と調べたりしていると、自分の知らないことが、とてもいっぱいあることが分かって、何か自分の中で、作品をつくっておきたいという衝動に駆られました。たぶんギルギルの始まりはここからでした。

ギルでは、「命」に関わる仕事として、医療のことを少し取り上げてみよう・・・と思ったんで、「アスクレー」という役をつくりました。「アスクレー」はギリシャ神話の医神アスクレピオスから付けた名前です。

アスクレーは懐中電燈レーシングの谷垣くんにやってもらいました。書き始めた当初は、もっと色んな役割を課した役でしたが、実は最初にする予定だった役者が降板したので、急遽代役でやってもらったので、かなり役割が変わりました。でも、谷垣くんは素晴らしい役者で、谷垣くんにやってもらって、今は本当によかったと思っています。この作品をつくる現場のまさに救世主=神になったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

役の名前・・ルドラ編

ギルギルの登場人物で、どんな人物像にしようかと凄く悩んだのは、この「ルドラ」という役。

秘めた強さもあり、でも弱さもあり、ネイロに最も近い純心さを持ち、でも子供ではなく・・・そんな役が欲しかった。起こすつもりはないのに、言うこと、なすことで何かが起こってしまう、展開してしまう、そんな位置にいる者。

ルドラは、ヒンズー経のシヴァ神の前身である「ルドラ」そのままの名前。ただ、シヴァではない・・・というところがポイントかな。まだ完成してない人間みたいなところ。そしてそれがその人物の最大の魅力。ルドラは暴風雨の神様で、風雨は、破壊的な風水害ももたらすけど、同時に土地に水をもたらして植物を育てるという二面性もある。・・・そんな役割。

騒ぎを起こすが、起こす原動となる根っこの部分の想いで、人の心を癒し、優しくする・・・。そんな人間であったルドラ。西野くんにやってもらった。西野くんは、ほぼ初舞台だし、役づくりよりも西野くんの持ってるいいところを活かしかったので、一番自分に近い役をやってもらった。活かしきれたかどうかは分からんけど、でもとにかく頑張ってくれたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚れちまった

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

悲しみが汚れちまうなんで、そりゃ、中原中也はものすごい悲しかったんだろうなあ・・・。今日、しくしく泣いている人を見たので、ふと思い出したのでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

LENNY

LENNY。

Pm_cimg3067

Let Love Rule を聞いた時並によい。よい。よい!まさに「L」の最強タッグ。歌詞わからんのに聴いただけで泣きそうになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

春から初夏の兵士達

今日は、JESUS FILMで、3月最後からクランクインする映画の顔合わせでした。

タイトルは・・・ババン!「「己が魂のために」(仮)です。

Pm_cimg3064

久しぶりの長編で今までにないくらいのたくさんのメンバーで作る大作になる予定。SF要素ありのバイオレンス作品です。監督・脚本・編集は中島監督、主演は西野くんで、ヒロインはBaku-団のアビがスペシャル★出演です。その他諸々JESUSメンバー総動員で、シアターOMの稲森さん!などなどの強力出演者、スタッフとで7月くらいまでかけて撮る予定です。私はあまり出ないと思いますが、撮影があればまたまた報告しまする~。

撮影の様子などは JESUSのサイトを見てね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://jesusenter.xxxxxxxx.jp/JESUSFILM.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

2月の忍者達

今月、JESUS FILMで短編を撮ります。

今日は、リハでした。作品はなんと!!「出会い系忍者2」!!

うひょ~!!泣く子も黙る、あの「出会い系忍者」の、そう!第2弾です。昨年撮った第1弾は、いろいろな映画祭などに取り上げて頂き、とうとう、待ち望まれたパート2が・・・。

Pm_cimg3063

キャストが少し変わっていますが、テイストは引き継いでいます。石井、浅倉が忍者。西野くんが女の子との出会いを求めてやまない今時の狩人です。しかし、今回は、強力な助っ人がいっぱい!アビ、コーディー、矢原くん。撮影は川合さんです!

今回の私は前回以上に変態度数の高い忍者となりそうです。シュールです・・・。完成したら是非観てくださいでござる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

4月の天使達

4月に公演をします。

今日はその顔合わせでした。牟田さん、初恋双葉ちゃん企画です。作品はなんと!鴻上さんの「天使は瞳を閉じて」です。長く芝居をしていながら、初の鴻上作品・・・。楽しみです。そしてドキドキです。

Pm_cimg3059

白井くん、堀くん。松枝くんは宣伝美術をしてくれます。

Pm_cimg3060

泥谷くん、あび、振り付けのIMOちゃん。ん??振り付け・・・。それ以上は、ひ、秘密・・・・。

Pm_cimg3061

舞台美術はhigeさん。そして演出は、牟田さんだ~!

Pm_cimg3062

この作品の、牟田さんともう一人の発起人・サキちゃん。

まだまだ他にもメンバーがおりますが、こんなメンバーでつくる作品です。詳細決まり次第、どしどしUPしていきまするよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

SNOW CAKE

今日も朝起きたら雪積もってましたね。

すごいもんだね。雪が太陽に当たってきらきらしているもんだから、いつもより外が明るい。その明るさで目が覚めたっていう・・・。

Pm_

ケーキができたっ!雪っぽくしてみたぞよ。いつもはあまり食べたがらない父親もがっつり食べてました。甘くしなかったけど、中のナッツクリームが濃厚。クランボワーズの酸っぱさと合うのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役の名前・・ケアノス編

ギルギルには囚人が出てきました。と言っても殆どが囚人で正確に言うと、無罪なのに囚人にさせられてしまった人間で、そうなると、必ずそれを管理する側の人間もいるわけで・・・。

その管理する側の人間の一人が「ケアノス」でした。舞台は船上。ケアノスは副操縦士という設定でした。暇ステの塩さんにやってもらいました。

ケアノスは、ギリシア神話の海の神様「オケアノス」から付けた名前でした。オケアノスは「海流」を神格化した名前と言われています。

ギルギルで船に乗せられた囚人たちは、とどまることなく、どんどん海上を進みます。物語の展開と等しく、一体、彼らが、この船が、どこに向かっているのかが分からなくなってきます。「海流」たるケアノスにはいつも進行方向の方角を口に出して、この船を出発させました。船長チャックの腰巾着のようにしていましたが、その中で常に進む方向を、自分たちの向かう道を確認、把握していたのは実はケアノスだったのでした。ラストシーン、それまで全て安全確認をしてから出発の合図を出していたケアノスが、安全でなくとも進むべき方角を口にします。このラストシーンの為に漕いできたかのように、全力で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

音の色

今日も芝居を観る。

GRAViTY VANISHED 「NOA NOA」@KAVC

Pm_cimg3057

白井くんやコーディーやテクイジのちかちゃんが出演していました。画家ポール・ゴーガンのタヒチ旅行記「ノア・ノア」がベースとなったお話。チラシとかタヒチ・・から勝手な想像で原色で明るい「色」を思わせる芝居なのかなあと思ってたんですが、印象に残ったのは、「音」でした。芝居的に言うところのMがなく、役者が持つ楽器から放たれる音だけでした。楽器と言っていいんですかね・・・。不勉強ですみません。どこか懐かしい音色のする色々な種類の音色は幻想的というか、ここではない独特の世界の色をつくっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白く

雪だっ・・・。

Pm_cimg3047

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

寒いね本当に。風邪ひかないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安堵

本番を終えたしのびは言ってた。なんか皆の顔見たら泣きそうになってしまった・・・。

まず初日が無事あけた。。。というだけでほっとする。確かに。客演とかすると特にそうかもしれない。一旦ほっとするのは大事かな。また明日から最後まできちんと緊張するために。

Photo_2 しのび、お疲れ。楽日まで駆け抜けておくれ。Bakuメンバーの皆も来てたので、帰りご飯を食べてきました。松枝くんは今日もこんな顔で元気でした◎

Photo_3 照明の牟田さん。お疲れ気味のようでした。よく寝てくださいな。

今日は実は劇場行くのが遅くなってしまいギリギリの到着。するとなんと、受付で「お立ち見になりますが・・・」と言われる。ああ、どうしよう・・・。立ってられるかな・・・。で、場内に入ると!

「お座りなさい。マドモアゼル。」と自分が座っていた席を立って声をかけてくれる神様的紳士が!・・・ごおくんでした。うるる・・ありがとう。諸々の事情を知ってくれているだけにありがたい。ありがとう・・・。鍋は谷屋くんオススメ鍋でした。旨ス★食べてるだけで&安堵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒーロー

芝居を観る。shibaiya遊歩堂@ロクソドンタ

「明日もし晴れたら」~ある朝ぼくはヒーローだった~

Baku-団に客演させて頂いた時に一緒になった、りのさんの劇団です。そしてBaku団のしのび~、ひこひこのゴマくん、梅田のユースケ君と、出演者は、私にとっては馴染みのメンバーがたくさん出演していました。

Photo

前に観た遊歩堂さんの芝居はしっとりした恋愛劇で、今回は、また全然違って、色んなことを取り入れてつくられた作品でした。場所の移動がたくさんあり、それを大勢の人間の移動で見せたり、何かの集団的な実態のその象徴になったり、工夫のある演出でした。キャリアのある客演役者さんも多数で、それぞれが味のある芝居をされていましたね。

「ヒーロー」がヒーローたる所に立てずに苦闘する姿を追っていく展開でしたが、「ヒーロー」と言うものの定義は難しいなあと思いました。単純なようですが、テーマ的な部分が戦争だったり、償いの想いであったり重たいものであったので、なおさらそう感じたのかもしれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

名前:LOVE

今日、もらったチロル。

Pm_cimg3039 名前:LOVE。

読み方:ラブ・・・らしい。 ラブチロルだよ。中はホワイトチョコだっぺ。そう言えばもうすぐバレンタインだぜ。はうあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cante

パンって旨いよね。特にcante。大好きさ。

調子にのって今日はいっぱい買ってしまったっ!でも食べるからいいのだよ。今一番好きなのは、これ。

Pm_cimg3036 ずん!

中はデニッシュ。そとはかりかり。きな粉がかかってる。あずきとか色んなもの入っててずっしり重たいのだ。コーヒーでも紅茶でも、カフェオレでも何でも合うね。うまうま★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

転がる

アジカン 今日発売・・・。

Photo 「転がる岩、君に朝が降る」

前作「アフターダーク」から一転、軽快に訴えてくるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役の名前・・ネイロ編

「ギル・ギルティ/イノセンス」の登場人物の中で、いちばん純心なものの象徴としたのが「ネイロ」。

ネイロは、ギリシャ神話の中の夢の神様「オネイロス」からとった名前。

ネイロは天悟の森千彰くんに演じてもらいました。さんざん考えたあげく、純心≒子供 かな・・・と。千彰は、ばりばりの少年の役をやることに・・・。最初は「うわ~、俺キツイっすわ~」と言ってた千彰でしたが、本番直前にメイクのしあがった千彰をふと見ると、小池徹平もびっくり!くらいの可愛らしい顔になってたなあ・・・。千彰の本番前の呪文は、ずっと「俺かわいい。俺かわいい・・・」でした。

ネイロには本編中、夢を語らせた。「みゅーじしゃんになるんだ」とか。物語の中で歌ができ、ラストシーンでそれを歌う。私がこの話を通じて私なりの考えをぎゅぎゅう~っと詰めこんだ箇所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

役の名前・・ヴィッシュ編

ホンを書く時、役名は、実は全部、何かシリーズにする。

今のところだけど。去年の「ギル・ギルティ/イノセンス」も随分悩んだけど、日本じゃない、どこか分からない国の人にした。そして名前は全部、神様の名前から付けたのでした。芝居を観てない方は、なんのこっちゃと思うとおもうのですが、どうしてもそうしたかったのです。

先ずは、「ヴィッシュ」。これが一番初めに決めた名前です。鉛の文檎の泥谷くんに演じてもらいました。これは、なんでこんな名前ばっかりなんだ・・と思った人はすぐに気がついたのではないかと思うんやけど、ヒンドゥー教の3つの最高神の内の1つである「ヴィシュヌ」をもじった名前。万物を打ち切る力を持ち、宇宙の偉大な力の象徴とも呼ばれる神様です。設定では、めっちゃ強い格闘技家ということにしました。書いてるうちに、ただの喧嘩っ早い兄ちゃんになってしまったけど、でも、私の中でのイメージに泥谷くんはこの「ヴィッシュ」にぴったりなのでした。

力が強い、パワーがある・・から転じて、原動力、源という意味合いも含まれるその名から、いつもヴィッシュは、物語の中では一番に口火を切って喋る人物、物語の転となる箇所で最初に行動しようとする位置に置いた。そこらあたりも泥谷くんはとてもしっかり掴んでくれていたのでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

またまた ヴィム・ヴェンダースを観る。

「ベルリン 天使の詩」

Photo

ベルリンの街。ずっと昔から人間を見守っている天使達。天使達には人間の想いが声になって聞こえてくる。天使達の見る世界はモノクロであり、温度も重力もない。天使ダミエルは、ある日、一人の人間の女性に恋をし人間になる。

天使になって地上に降りたダミエルは頭に怪我をする。「痛い」と感じ、頭に手をやると「血が出ている」それが初めて「赤い色」だと知る。自分の歩いた後には、「足跡」がある。痛みを感じ、血が流れていることを知る。世界はモノクロでなく色があり、自分には重さがあると知る。コーヒーが温かいものだと知る。温度を感じる。そして人を愛する。人が生きていることそのもの全てに感動するんですな。ダミエルは。

でも、ただ物語は人間の生を賛歌したものだけではないかなと。人間にならず見守り続けている天使カシエルは自殺する人間を止められはしないし、何度か登場する老詩人は「平和を描きたいが主人公がいない」と言う。人間が人間であることを確認してから、何をするべしなのかと、なんだかそんなことを感じさせる作品でした。

ピーターフォークが俳優ピーターフォーク役で出演していて、それも元天使で、降りてきたダミエルに、俺もそうなんだよ・・・って語るあたり、粋な演出。モノクロとカラーの使い分けも絶妙。天使が、羽の生えた綺麗な女性ではなく、冬のコートを着たおっさんばっかりっていうのが、とてもいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

タクシー×地球

ジム・ジャームッシュを観る。

「ナイト・オン・ザ・プラネット」

Night

「地球」という星の、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキという5つの都市の5人のタクシー・ドライバーが、同じ夜、乗客を交えてそれぞれに繰り広げられる5つの物語。

5つの話とも、普通のドライバーと、普通の乗客が乗り込んでくる話。でも、全部の話が、なぜか行ってしまったタクシーが降ろした乗客の元に引き返してくるのではないか・・・と思ってしまう、そんな終わり方。でも一台も戻ってはこなかった。タクシーは乗客を降ろしたら必ずそこから去っていくのである。

役者のキャラがすごくはまってた。パリのベアトリス・ダルは盲目の役でずっと白目むいてる。すげえ。でも胸は全開。さっすが!ローマのロベルト・ベニーニは最初から最後まで喋りまくっている。ははは。たった数分の会話だけででそれぞれのドライバーの生き様みたいなものが見えるのだ。

深夜タクシーの話なので、窓から見る風景として描かれるそれぞれの街のネオン、最後のヘルシンキの雪の白さが絵として綺麗だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

寿司を巻く

今日は、お兄ちゃん一家がやってきた。いつもお兄ちゃん一家は何かのイブの日にやってくるのねん。節分イブなので、巻き寿司大会だっぺ。

Pm_cimg3021_3  しゃり!

うん、ちゃんと扇いだし、ピカピカにひかってる。酸っぱさも良しね。

Pm_cimg3022 具!

こうや豆腐は甘め。しいたけは濃い味に。玉子も分厚く。よお~しよし。

Pm_cimg3024 では、早速・・・

ぐるんぐるん巻くんじゃら!ちなみに後ろのハゲ白髪はマイ父です。

Pm_cimg3023 あっと!

幽霊の様ですが、横から助っ人の手を出すのは、マイ母です。

Pm_cimg3025 のせてのせて

具をのせて~。

Pm_cimg3026 巻くベス!ここからが命!

Pm_cimg3027ぐるりん・・・

Pm_cimg3030ぎゅっ・・・。とな。

Pm_cimg3031 で、できたあ。

Pm_cimg3033 こんなん。あら。美味しそう。

Pm_cimg3035 たけるは今日もナイナイの岡村そっくりでした。

今年は南南東の方向とな。福は内プリ~ズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

February

the brilliant greenの川瀬智子さんがソロでやってる 「Tommy february6」 に肖り、実は私は、自分のユニットをつくる時には、「Terry april6」にしようと決めていた。そんな安直でいいのか!・・・いや、いいのだ。

実際、Micro To Macto という名前で公演を打つ時も、寸前までは「Terry april6」だった。その後、ユニット名を巡る死闘が繰り返され、とうとう「Micro To Macro」になったのでした。が、これはこれで深い意味があるのよ。すごく僅かで小さな力でも、集まれば、強く発信すれば、大きな力になる・・・という想いから付けた名前。あら全然深くなかった。単純でした・・・。

でも、「Terry april6」という名前への夢はまだ捨てておらず、なんか別のものをしでかす時にそこに命名しようと思う。もし「Terry april6」が始動した時はどうぞよろしく。

Februaryです。2月です。如月です。今日も寒かったなあ。

「きさらぎ」は寒さで着物を重ねて着る「着更着」からきてるらしい・・・。嗚呼、着物じゃなくて人とぴったり寄り添いたいものです。「人更人」!でも読むと「ひとさらい」みたいじゃないかよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

赤の魔力

疲れた時には、甘いもの・・・。

Pm_cimg3017

のはずだったのが、最近は赤いワインばかりを飲んでるな。白いワインの方が好きだったのに、なんでかね。

いかんいかん。辛いことを酒で吹き飛ばそうとするなんて!ダメ人間のすることだ!

しかし、全く酔えないっていう・・・。

よし、明日も飲もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »