« 髪 | トップページ | ★ハピバ★  »

2008年1月13日 (日)

対岸

久々に女性作家の本を読む。

「対岸の彼女」角田光代

Pm__003

「どこにもいけなかった。だけどわたしたち、どこへいこうとしてたんだろう」

という帯の文字。ふむふむ。主人公小夜子と、主人公と今深く関わる葵の中学時代の物語が交互に描かれる構成。だんだん全く別の話がひとつにリンクする。

私たちは何のために年を重ねたのか。何のために大人になったのか。と、文中にある言葉。大人になると新しい人との関わりに弱腰になり、わざわざ深い関わりを持つことには億劫になっていく。でも、全く自分とは違う世界の人だと思ってもその向こう岸まで飛び越えてみようと思うことから・・。そんな気持ちになる本でした。

|

« 髪 | トップページ | ★ハピバ★  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/9905860

この記事へのトラックバック一覧です: 対岸:

« 髪 | トップページ | ★ハピバ★  »