« 自由 | トップページ | 観 »

2007年2月24日 (土)

異形

人間以外のもの

今日は稽古で人間以外のものを演じる。

霊性なもの、幽霊、亡霊、・・・違いはあまりわからないけど、そんな何者かになる。

今日やってて、ひとつ強く感じたことは、そういう存在のものって(実際存在し得るものかどうかは別として)、そのものが何かを強く強く思っているからこそ、肉体が果ててても尚、そこに魂があるというものが大抵だ。だから、その強く強く思っている何かを絶対忘れてはいけないし、それを背負った芝居をしなければならない。

そして、今日改めて思う。

異形な何かだけではない、人間の役でも何でもそうだ。その人の背負っているもの、背負っているものがなければ、その「人」そのものが見えてこなければいい芝居にはならん。

|

« 自由 | トップページ | 観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/5479259

この記事へのトラックバック一覧です: 異形:

« 自由 | トップページ | 観 »