« 祈 | トップページ | B »

2007年1月 3日 (水)

今日は映画を観る。

水曜だし、正月だし、すごい人。のぶちゃんがどうしても観たいと言ってたんで一緒に

「敬愛なるベートーベン」

を観る。ベートーベンと写譜師のお話。第九の演奏会のシーンはすごい迫力。クラシックのことは全然分からないけど、何百年たっても引き継がれ、誰かに愛され奏でられている音楽って、やっぱりすごいんだろうなぁと思う。ベートーベンはかなりの奇人のようだったけど、やっぱり後世に名を残す人は皆、生きてる当時は奇人変人なんだなぁと改めて思う。

エド・ハリスがベートーベンの役をするのに、すごく太って無骨で汚い男になってた。すご~い。

耳の聞こえないベートーベンの為にオーケストラの中に紛れて小さく座って彼に指揮の合図をおくる美しい写譜師。実際そんな人がオーケストラの中に居たらすごく奇妙だけど、すごい迫力の演奏シーンの中で、あえて二人の信頼関係みたいなものをとても優しく愛しく描いてる。

ダイアン・クルーガーは目が覚める程美しかった。本当に美しかった。

|

« 祈 | トップページ | B »

コメント

「後世に名を残す人は皆、生きてる当時は奇人変人なんだ」

↑↑
コレ重要ですね。
ですがJESUS メンバーは、「後世に名を残さない奇人変人」説が有力です。

投稿: ジーザス監督 | 2007年1月 4日 (木) 02時55分

↑↑
あかんやん!!
ただの変人やん!
後世に名を残すだろう人になって下さい。
その説も一応有力ということで(^_^;)

投稿: teru | 2007年1月 4日 (木) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/4786456

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 祈 | トップページ | B »