« 逢 | トップページ | ★しんねん »

2006年12月31日 (日)

今年つくった作品たち。どれも全て私の財産。

Pm_koji_p11

★2月・・・ダッシュプロデュース「孤児の処置」

孤児院に子供を捨てる貴婦人。難しい役だった。そして食べたものがあたり、吐きながら本番。点滴打ちながらの本番。役者人生で最も体力的に辛かった。のに、一緒にやったメンバーが皆、楽しい人たちばっかりだったおかげで、本当に面白かった。短時間の稽古だったのに、いい芝居をする人ばかりだった。大塚さんの演出って面白い。

Sogiya_0804201

★8月上旬・・・TAKE IT EASY!「葬儀屋オペラ」

たった一人の家族、最愛の息子が死んでしまい、気が狂ったように哀しむ母親。初めて子役と絡む。ダンスをする。(ちょっとだけ・・・)大切な人の死をどう受け入れるのか、生きてる自分は何をしなきゃならんのか、そんなこといっぱい考えた。すごい大所帯だったのに、皆、本当にいいメンバーばかりだった。中井さんとテクイジの素敵な世界に入れて幸せだったなぁ。

Pm_060827_103001_1

★8月下旬・・・特攻舞台Baku-団「机上・キラー・魔神・スイッチ」

たった一人の身内、最愛の弟を残して白血病でもうすぐ死ぬお姉ちゃん。熱くて、分厚くて、トンガってて、でも絶対優しいBaku-団の芝居。人を殺したり殺されたり・・・そんな出来事が毎日起こってしまうこの世の中に、怖いくらい真剣に命の大切さを謳った作品。感情が上手く出せなくなってしまった人という役だったけど、本番中あほ程泣いたよ・・・。

Pm_pm_dsc050561

★7月~11月・・・JESUS FILM「リミットエンド」

冷静沈着で笑わない女。激強。15歳の時から両親の死の真相を求めて生きるストイックさとひたむきさを内に秘める本当は熱い女かな・・・。初めてのJESUS参加作品で大役をやらせてもらいました。撮影はすごく大変なことが多かったけど、きっとその分、生涯忘れられない作品になった。

Pm_cimg1525

★12月・・・アクスピ「GOOD-BYE EVILS」

家族の話。宗教にはまった婆ちゃん。汚いね~。馬鹿だね~。久しぶりの汚れでした。今年は、母親に2回なって、お姉ちゃんになって、お婆ちゃんになった。実は、映画でも台詞にこそ殆どなかったけど、死んだ両親をずっと心の奥で思っている娘でした。また最後の映画は夫婦の妻でした。家族とか姉弟とか近しい関係の中にあるもの、大切なもの、なんかそういうこといっぱい考えたり感じたりした年でした。

Pm_cimg1616_5

★12月・・・CO2岡監督作品「放流人間(仮)」

芝居を観て、出演の声をかけてくださった監督。役者としてこんなに嬉しいことはなかったです。在るクリニックにやってくる子供のできない夫婦。その妻。(・・あんまり詳細言えません。すみません・・。)繊細で微妙な心情表現が要求される、私にとっては難しい役だった。でもやりがいありました。素敵な役者と素敵なスタッフさん。皆、めちゃ真剣で、でもとても楽しい現場だったなぁ・・・。

Pm_cimg1202

★11月~12月・・・・unit JESUS ライブ

面白いことと、人の想像できないことをやってしまうメンバー。そして、自分が楽しんでいることが大切。気が付けばここにいたのだ・・・。この2人からは刺激をいっぱいもらってる。

たくさんの人と出逢って、たくさんの作品を創った。私と一緒に作品をつくってくれた皆さん、本当にありがとう。心から感謝を・・・。

|

« 逢 | トップページ | ★しんねん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/4748456

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 逢 | トップページ | ★しんねん »