« スタート | トップページ | 潤い »

2006年10月17日 (火)

音と灯り

秋祭り。

今日は、借りていた本を返しに図書館へ。

実は、返却期限を過ぎても返しに行けずにいたダメダメな私に、図書館の(たぶん)偉い人から電話が入る。

「返却期限は守らないと・・・ね。」

魔王のような地響きチックな声に「はい」と即答する私。まだ読めてない本が一冊あったけど、慌てて返しにいく。今度から借りる冊数を減らそうと誓う私。本当にすみません。

帰りに、どこからか「ぴ~ひゃらら~」という音が聞こえてきて、薄オレンジの灯りが目に入る。近くの神社だ。境内の入り口に「秋祭」と書かれたちゃっちい看板が可笑しかった。その看板に「入っておいでよ」と言われた気がして入ってみる。

そういや、今年の夏は、お祭りにも行かず、花火もせず、夏らしいことしなかったな~と思いながら、でもここで一人で「秋祭り」もどうよ・・・とも思いながら、なんだかどんどん奥へ奥へと進む私。

Cimg1218

なんだか皆楽しそうだ。

Cimg1225

女の子に一番人気「くじ引き屋さん」

Cimg1220

おお~懐かしい~!今でもこんなんあるんやぁ。と思いきや・・・

Cimg1226

投げ輪の景品は、ヨン様。こりゃ、今風だ。

Cimg1224

そして、子供達に一番人気「ミルクせんべい」。私もついつい買ってしまう。子供に紛れてまみれて、むしゃむしゃベトつきながら食べる私・・・。提灯の傍で私の顔って今、めちゃオレンジなんやろな~とか思う。暗闇のはずの境内が今だけは華やいでる。ふ~ん・・・。と思う。

実は、昨日の夜にめちゃくちゃ嫌なことがあって、腹立つやら悔しいやらで、朝まで寝れなかったのだ。

んが、なんかね、ぴ~ひゃら~とか子供のわ~とか言うのを聞いて、色んなこと想ってると、まあいいかと思えてしまった。そんなことより、せなあかんことを考えよう、別の前を見てみようかなと・・・ちょっと思えてきたりする。

今日は、この音と灯りに誘われて正解。音も灯りも芝居には付物で、不可欠のものなんだけど、いつもこの二つの要素は私にたくさんの影響を与えてくれる。特にしんどい時とか、助けられたりしてるのかなぁ・・・。

|

« スタート | トップページ | 潤い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/3900748

この記事へのトラックバック一覧です: 音と灯り:

« スタート | トップページ | 潤い »