« アン・シャンテ・デ・シャペール! | トップページ | 残りの夏 »

2006年8月 7日 (月)

芝居の終わり

「葬儀屋オペラ」

夏の日に見た色んな風景。

一緒に過ごした大事な時間と人達。

Cimg0696

この芝居で私が一番愛した人。ようちゃん。

いたずらばっかりしてたけど、ほんとに愛しくなったのでした・・・。

Cimg0695

永遠の未成年バンドUnder-Age。

本当に皆、少年のように純心な人ばかり。いい音出すの納得。

Cimg0698

写真撮るよ~と言うと、全員がこの表情・・・。

面白い顔してなんて一言も言ってないんだけどなぁ。

みんな、濃いぃ!!・・・・でも、皆とてもええ味出す役者です。

Cimg0700

T∀NTRYTHMの時から素敵なだな~と思っていた田所さん。

こんなに可愛いのに、実はめっちゃ面白い人だったのねん・・・・。

Cimg0708_3

平林さん。この人の芝居が何故あんなに面白く人を惹きつけるのかが分かったのだ。この人の日常があまりにも面白いからだ・・・。今回の本番中にもありえないような出来事が日々勃発。(どんな出来事だったかは、本人の名誉の為に伏せておきます)人としての魅力にも釘付け。

Cimg0703_2

そとばの翠ちゃん。子供のような愛くるしい表情。でもお化粧は下手くそで、鏡前では悪戦苦闘してたなぁ。それがまた可愛かった。

Cimg0702_1

ダッシュの申し子、恭ちゃん。芝居を愛し、人を愛する正にピュアソウル。公演中、いっつも帰りの電車で彼女に癒されていた私。本当にありがとう・・・・。

そして打ち上げでは・・・・。

Cimg0716

Giant Grammyの真心さん、ともさかさん。

二人ともめちゃ面白いの。ガヤの中から漏れ聞こえるともさかさんのアドリブとかホンマに笑える。芝居では全然絡んでないんで是非またいつか絡みまくりたいのだ。

Cimg0719

皆、だいぶん酔っぱらってきた打ち上げ・・・。

眠気眼で、さなえ画伯が描いたUnder-Ageメンバーの似顔絵。

似顔絵ではなく、メンバーが絵の顔に似せてるよ・・・。

Cimg0720_1

ほら、真心さんなんか、ほんまにこんな顔で生まれてきたかの如く、似せてはるでしょ。

さなえ画伯の魔力にかかってるね、こりゃ。

大笑いの打ち上げ会場。もう朝だというのにね。

身体とかどんなに疲れてても、

どんなに眠たくなっても、或いは居酒屋の床で寝ながらでも

このメンバーと離れたくないよ~と思う。

ずっとこのまま騒いでたいよ~と思う。

芝居がはねたらいつもそんな気持ちになる。

Cimg0714

竜司くんが撮ったメンバーの写真。皆いい顔してる。

Cimg0713

記念撮影をするというシーンがあり、本番中、本当に撮った写真。

全員が役を演じているけれど、舞台の上で活き活きと生きている役者の鼓動が聞こえてくる。

Cimg0712

最後に中井さん。

この作品を生み出した、そして、このオペラの総指揮者。

やっぱり、一番魂を削ってたのは中井さんだろう・・・。

この人に出会えた奇跡に感謝。ありがとうございました。

Cimg0722

打ち上げが終わり、皆と別れて一人になってから見る朝の太陽。

これで、終わりなんだ・・・といつも思う。

そして、自然と、いつも出る一言をぽつんと言ってみる。

「ありがとう。」

|

« アン・シャンテ・デ・シャペール! | トップページ | 残りの夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/3035377

この記事へのトラックバック一覧です: 芝居の終わり:

« アン・シャンテ・デ・シャペール! | トップページ | 残りの夏 »