« ミナミでナイロビ | トップページ | シャーリーマクレーンが可愛い。 »

2006年5月30日 (火)

ぐっとくる本

ぐっときた。

一晩で一気に読んでしまった。

 「あふれた愛」 著者:天童荒太

4つの短編集なんだけど、どれも、少しだけ心の弱い人、心のコントロールの下手くそな人、自分の心が何処に向いているのか見失ってしまいそうな人、そんな人たちの物語でした。大袈裟な表現は何もなくて、これでもかというくらい文体は淡々としているんだけど、でもそこにいる人の心が痛いっていうのがすごく届いてくる。なんかそんな本でした。そしてやっぱり最後には泣いてしまったよ・・・。なんか最近、本読んでよう泣くわ・・・。うるる。

この本をエレベーター企画が舞台でされたそうです。観たかったなぁ・・・。

|

« ミナミでナイロビ | トップページ | シャーリーマクレーンが可愛い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82440/2005418

この記事へのトラックバック一覧です: ぐっとくる本:

« ミナミでナイロビ | トップページ | シャーリーマクレーンが可愛い。 »